広告



強い日差しが気になるこの季節

紫外線対策にも効果があって

お洒落としても使用できる日傘

重宝しますよね♪


でも、あなたの日傘、


長年の使用で有効期限がすぎてませんか?




実は、

日傘には有効期限があります


しっかり紫外線対策していても、

期限切れの日傘では無意味になってしまいます。


この記事では、期限後で効果の薄い日傘を使用してしまわないために、

  • 日傘の効果の期限
  • 期限後に効果を回復させる方法


について詳しく説明していきます。


あなたの大切なお肌のためにも、
しっかりと押さえて置きたいポイントです♪

広告


日傘に有効期限があるのはどうして?有効期限は何年?

日傘の効果に寿命がある原因は、

日傘の表面に施されているUVカット加工

にあります。


正確に言うと、UVカット加工に使用されている

紫外線吸収剤

です。



日傘は、元々は普通の生地に、薬剤を染み込ませてUV効果を作っています。

なので、年数が経つにつれてその薬剤の効果が薄れていってしまうのです。


また、日傘をたたむときに、生地に直接触れると摩擦が生じます。

摩擦も薬剤の効果を薄める原因の1つ

です。


では、日傘の効果、いつまで続くのでしょうか?

日傘の効果の有効期限

・加工方法
・保存状況
・使用頻度

などにより多少の差はあります。

ですが、一般的に、

薬剤を使用した日傘の有効期限は2~3年程度。


でも、

  • 雨傘として使用
  • 水洗い


などによって、あっという間にUVカット加工が剥がれてしまい、

日傘としての寿命を縮めることになります。


なお、薬剤を使用せず、

  • 厚地の生地を使って紫外線を防いでいる日傘
  • 生地自体に紫外線を遮断する化学繊維を使っている日傘

については、基本的には有効期限はありません。

つまり、UVカット加工ではなく、

UVカット素材の日傘

ということになりますね。

しかし、効果に期限がない分、価格も高めになっています。

UVカット加工なのか、UVカット素材なのか、要チェックです!

広告


UVカットスプレーを使って効果を取り戻す方法

期限を過ぎて紫外線対策の効果が薄くなったからといって

お気に入りの日傘を捨ててしまうのはもったいない!


そんなあなたのために、ここでは、古くなった日傘の効果を回復させる裏技をお伝えします(*^□^)


ここで紹介するのは、

UVカットスプレーを使う方法!

です。


UVカットスプレーは、通常、紫外線対策として衣服に使われるものです。


衣服の表面にスプレーでUVカット加工をすることで紫外線を遮断しています。


このスプレーのUVカット加工は、

日傘の生地に施されているUVカット加工成分と近いので、

古くなった日傘にも使える、というわけです。


さすがに、紫外線カット率が完全に元の状態に戻るというわけではありませんが、

一般的にスプレーの紫外線カット率は98%くらいですので、かなりの効果が期待できます。


さらに、UVカットスプレーを使用すると、紫外線の遮断はもちろん、

色あせ防止の効果もあります♪

UVカットスプレーの使い方

使い方はとっても簡単!


  • 月に1度、日傘の裏表の表面にまんべんなくスプレーする。
  • スプレー後は、20分程度乾かす。


だけです。

おすすめのUVカットスプレー

それでは、

おすすめのスプレーを2つ紹介します!

ぜひチェックしてみて下さいね。

KAWAGUCHI 衣類の紫外線カットースプレー
この1本で、

  • UVカット
  • 撥水
  • 撥油

の3つの効果があるのが特徴です。

UVカット率が99%なので高い効果が期待できます。

購入者の評価も上々です♪



商品が気になったあなたは、こちらから詳細が確認できますよ。
↓↓↓


NEW UVカットスプレーXP
繊維1本1本に紫外線吸収剤をコーティング。

有害な紫外線を98%以上防ぎます。


また生地の通気性を損ねないので、紫外線防止効果はもちろん、

  • 色あせ防止効果
  • 温度引き下げ効果

といった効果も期待できます。


お値段は3,000円を超えるので、

先ほどの、

『KAWAGUCHI 衣類の紫外線カットースプレー』

よりも高いですが、その分、効果も期待できそうです♪

まとめ

日傘の効果は2~3年。

効果に期限があるのは、UVカット加工に使われている紫外線吸収剤が原因です。

生地に薬剤を染み込ませてUV効果を作っているので、年数が経つにつれて徐々に効果が薄れてしまうのです。


ただし、元々の生地自体に紫外線を遮断する化学繊維を使用している日傘は有効期限がありません。
(←価格は高めになりますが(;^_^A)



でも、効果がなくなってしまった傘は、UVカットスプレーを使うことで効果を取り戻すことができます。

元の効果までは戻らないですが、スプレーの紫外線カット率は一般的に98%程度と高い効果が期待できます。


家にある日傘を一度確認してみて下さいね。


古くなったものをずっと使用していると、UVカット効果が薄れているので、


日傘をさしていたのに、ほとんど意味がなかった
(。>﹏<。)

なんてこともありえます。


日傘の正しい知識を得ることは、将来のお肌対策にも繋がります。


お気に入りの日傘を長く大切に使って、これからの夏の紫外線対策に備えましょう!


日傘をさすべき季節は夏以外にもあるの?と、気になるあなたはこちらの記事もどうぞ♪
↓↓↓
日傘はいつからいつまでさすのが正解?夏からでは遅い?さすのが恥ずかしいときの対応も!


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

広告