バーベキューの焼きおにぎりはやっぱり最高!


と、バーベキューの主役である肉に負けないほどの

存在感がある焼きおにぎりですが、


うまく焼けず困った!


という経験をされた方も少なくないと思います。




実は焼きおにぎりは

ただ網で焼けばうまくできる

というものではありません。


  • おにぎりが網にくっついたり
  • 形が崩れたり

と、決まったパターンの失敗をしてしまいがちです。


そこで、この記事では、

バーベキューで焼きおにぎりを上手に焼く方法

について詳しく紹介させていただきます。

広告


バーベキューで焼きおにぎりを上手に焼く方法

バーベキューで焼きおにぎりを上手に焼くためのポイントは、

  • 鉄板でなく網で焼く
  • 十分に網を熱し、サラダ油を塗る
  • 炊きたてのご飯は冷ましてから投入
  • タレは最初につけない
  • 強火では焼かない

の5つ。

それぞれ解説していきましょう♪

鉄板でなく網で焼く

焼きおにぎりは、

鉄板では形が崩れやすくなります。


なので、おすすめなのは

網焼き

です。


鉄板のように”面”でおにぎりと接するのと、

網のように”線”で接するのとでは、

やはり接着面にひっついた米粒の負担が違ってきます。

十分に網を熱し、サラダ油を塗る

熱していない網におにぎりを乗せると

網が熱せられていく間にくっついてしまう場合が多いので、

十分に網を熱してからおにぎりを置くようにしましょう。


また、ここで忘れたくないのが、

熱してから網にサラダ油を塗ること。


これで格段におにぎりが網にくっつきにくくなるし、

きれいな焼き色もつきやすくなります。

炊きたてのご飯は冷ましてから投入

炊き立てのご飯でおにぎりだと

ぼろぼろと形を崩しやすい

です。


なので、

おにぎりは冷ましてから網に置くこと。


また、この時

おにぎりは固めに握る

ことで形が崩れにくくなります。


ふんわりおにぎりが好みの方はここはぐっと我慢です!

タレは最初につけない

タレを最初につけると

おにぎりは水分を吸いこんで形を崩しやすくなります。


ですから、おにぎりはまず、

網で素焼きにすること。


その後、

表面に焦げ目がついてきてからタレを塗っていく

ようにしましょう。

広告


強火では焼かない

焼きおにぎりは強火で一気に焼いていくのが良い

と考えている方も多いのですが、これはおすすめしません。


  • 強火で焼くと表面だけが焼けて中がまだ冷たかったり
  • 焦げやすかったり


と、せっかくのおいしいおにぎりが堪能できなくなります。


なので、

  • 火力の弱くなってきた肉を焼き終えた後
  • 火力の弱い網の端で焼く

など火力を加減しましょう。

まとめ

いかがでしょう?

美味しい焼きおにぎりを想像するだけでヨダレが出そうになりますね。


上手な焼き方をまとめると、

  • 鉄板でなく網で焼く
  • →おにぎりが面で接する網はボロボロになりやすい!
  • 十分に網を熱し、サラダ油を塗る
  • →くっつきにくく、こんがり焼き色に!
  • 炊きたてのご飯は冷ましてから投入
  • →炊きたては形がくずれやすいので!
  • タレは最初につけない
  • →先に水分を吸ってしまうと型崩れのもと!
  • 強火では焼かない
  • →外はこんがり、中はじんわりのコツ!


この記事を参考にしていただき、

想像だけではなく、

リアルに美味しい焼きおにぎりに垂涎されることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。