広告



きゅっとくびれた足首は、女性の目からみても素敵ですよね。

足首_ネックレス

ところが、自分の足首はというと、ぽってりしたくびれのない象足。

そのせいで、足元のおしゃれが楽しめないという女性も少なくありません。

特に夏はサンダルやミュールなどを洋服に合わせておしゃれしたいと思っているのに、人目が気になってついつい隠してしまうという方も多いのでは?

こんな場合、足首が細くなるエクササイズやマッサージを取り入れてみるっていうのも一つの方法ですが、毎日続けるのは面倒という声も多数・・・

しかも、脂肪やむくみのせいで足首のくびれがなくなっているならエクササイズの効果も期待できますが、骨格が原因だとそうもいきません。

ですが、そんな面倒や悩みも、足元のアイテムを工夫すれば簡単に解消できます!

それでは、さっそく足首が細く見える方法について紹介します。

広告


足首が細く見える「アンクレット」


160529-0007
出典:http://zozo.jp


ネックレスやブレスレットに比べ、まだまだ日本では海外ほどなじみ深いアイテムではありません。

ですが、アンクレットは足首を細く見せるのに想像以上に活躍するイチオシのアイテムなので、使わないともったいないですよ。

アンクレットというのはくるぶし部分にひっかけて使うもので、足首につけるブレスレットとイメージするとわかりやすいことでしょう。

そのままの生足を見せるよりも、おしゃれなアンクレットをつけるだけで、目の錯覚によって足首をぐっと華奢に魅せてくれるスグレモノです。

素材も金属や布生地のもの、木や石やビーズ等を使ったものなど様々ありますし、ゴージャスなものからガーリーなもの、ナチュラルなものなどテイストも多種多様。

洋服やサンダル等に合わせたアンクレットを上手にコーディネートすれば、足首を細く見せてくれるだけでなく、おしゃれ度の高さもアピールできることでしょう。

足元がもぞもぞするのがちょっと苦手というアンクレットNG派の方は、足首部分にストラップが付いているサンダルを選べば、アンクレットを身につけた時と同様の効果が得られます。

160529-0009
出典:http://zozo.jp

ただ、足首をより細く見せるためには、パツパツのきついものは選ばないように。

ズレ落ちない程度に余裕があるものを身につけるのがコツです。

また、夏はサンダル・ミュール+アンクレットだけでなく、生足にスニーカー+アンクレットのパターンもオシャレですよ。

160529-0010
出典:http://zozo.jp

足首が細く見える靴の選び方

靴の選び方も、足首を細く見せるためには重要なポイントとなります。

ヒール

足長効果や足首が細く見える効果が期待できるハイヒールですが、その選び方にも注意が必要です。
ヒールの高さ
まず、ヒールの高さですが一般的に7cmが最も女性の足がきれいに見える高さだと言われています。

しかし、7cmというと相当ですね。

たしかに7cmの高さのヒールをかっこよく履きこなすことができれば足や足首を細く長く美しく見せることができます。

でも、普段から7cmのヒールの靴など履けないし、ヒールの高い靴を履き続けていると足に余分な負担がかかって足首がさらに太くむくんでしまうので要注意。

足の健康等を考えると7cm級のヒールの靴は「ここぞ!」という時だけにしたほうが良さそうです。

また、何事もバランスが大事ですが、それはヒールの高さについても同じです。

背の低い方が無理をしてあまりにも高いヒールを履いていると全体のバランスが悪くなりますし、歩き方も不自然になってかえって不格好に見えてしまいます。

ヒールの高さは、

『適度な足長効果の得られるヒールの高さ(cm)=股下の長さ×0.05

を目安にして、ちょうど良いバランス+足長に見えるヒールの高さを選びましょう。
ヒールの幅
ヒールといえば真っ先に思いつくのが、繊細な印象を与えるピンヒール。

セクシーなピンヒールは素敵ですが、後ろから見た時、ほっそりとしたピンヒールが余計にふくらはぎや足首の太さを強調してしまうため、足首やふくらはぎの細さに自信がない方は避けたほうが無難です。

足首を華奢に細く見せたいなら、なるべく太いしっかりしたヒールがおすすめ。

160529-0004
出典:http://zozo.jp


また安定感もプラスしてほしいなら、ウェッジソールも良いでしょう。

160529-0001
出典:http://zozo.jp


地面に接する面積が広いのでヒールが高くてもグラグラしませんし、歩きやすくて疲れにくい上に足首を細く見せる効果も絶大!

このように靴を選ぶときにはヒールの高さと太さに注意するようにしましょう。

靴の色

また、靴選びで注意したいのが、色です。

お肌の色に近いヌーディ—カラーは、足さきまで一体化して足をより長く見せることができるのでオススメです。

160529-0003
出典:http://zozo.jp


足が長く見えるということは、足が細く見えると言うこと。

ひいては足首をほっそり見せることが出来ますし、どんな洋服にも合わせやすく、誰でも着こなしやすいカラーなのでぜひ取り入れましょう。

広告


足首が細く見えるストッキング・タイツ

足首を細くみせるには、ストッキングやタイツを選ぶときにも色に注意する必要があります。

自分の肌色よりも明るい色は膨張して見えるので避け、肌色よりもワントーン暗い色を選ぶと、きゅっと締まって見えます。

赤やグリーンなどカラフルなカラーのストッキングもおしゃれとしては楽しいのですが、足首を太く見せてしまうのでNG。

選ぶなら、黒や紺などの収縮色を選ぶと良いでしょう。

最近では、足の両サイド部分に印影が出来るように編み込んだシャドウストッキング(シェーディングストッキング)が登場し、身につけるだけできゅっと締まって見えると人気となっているので、ぜひお試しください。

また普段からむくみやすい方は、着圧タイプのストッキングがおすすめ。

履いているだけでむくみを防ぎ、夕方になってもすっきりとした足首をキープしやすくなります。

160529-0011
出典:http://www.train-shop.net


ワンランク上のオシャレをするなら、後ろ部分に立てラインが入ったバックラインタイプのストッキングもアリ。

160529-0006
出典:http://item.rakuten.co.jp/fukuske

足長に見せる効果も絶大なだけでなく、セクシー!

ただ、ラインがずれているとちょっとマヌケに見えるので、着用するときにはまっすぐとしたラインになるよう鏡を見ながら履くようにしてくださいね。

まとめ

ほっそりとした足首に見せるには、ちょっとした工夫で十分可能です。

日ごろから足首を細くするケアとあわせて実践すると、さらに美しくほっそりとした足首に見せる効果はてきめんです。

でも日頃のケアが面倒だなっていう方には、足首を細く見せることができるアイテムだけでも取り入れてくださいね。

この夏こそ足首美人を実現させましょう!

広告