広告



勉強に部活に忙しい女子高校生。


でもやっぱり一番興味があるのは恋愛ですよね。


AdobeStock_33732381

好きな人・憧れの人に少しでも興味や関心を持ってほしい、可愛いって思われたい!


そんな女子高校生に役立つ、顔が見違えるほど可愛くなる方法を紹介しますね♪

広告


顔が可愛くなるには?女子高生編


女子高生らしく顔を可愛くするために4つのポイントを押さえましょう。


  • ニキビ対策を怠らない

  • 日焼上等!でも日焼け止めは忘れずに

  • 清潔感のあるナチュ眉に

  • 目力アップで印象もアップ

どれも、部活や勉強をやりながらでもできる簡単に可愛くなる方法です♪

それでは具体的に見ていきましょうね。


顔が可愛くなる方法① ニキビ対策を怠らない


せっかく目鼻立ちが整っていても、お肌がニキビでブツブツではあまりに残念。


高校生の頃に出来るニキビはいわゆる「思春期ニキビ」と言われるもの。



女子高生はまだホルモンバランスが整っていない年齢。


なので、過剰な皮脂分泌や汗や汚れが毛穴に溜まり、それらをエサとしてアクネ菌が増殖しやすくなってます。


そのせいで顔のあちこちにニキビが出来てしまんのです。


女子高生の大敵「思春期ニキビ」を改善するには、余分な皮脂を取り除き、アクネ菌を殺菌して増殖させないようにするのがコツ。



殺菌作用・抗炎症作用のある成分を配合したニキビ用の薬用スキンケアアイテムが有効です。


また、ニキビが気になるからってゴシゴシこすって洗ってはダメですよ。


傷ついたニキビに雑菌が入り、さらに化膿して凸凹・クレーター状になり跡が残ってしまいます。



こまめにケアしていれば、徐々に皮脂分泌のバランスも整い、思春期ニキビもできにくくなっていくので大丈夫。


あとは、油分や脂肪分や添加物の多いお菓子やジャンクフードを控え、三食しっかりバランスの取れた食事を摂ること。


そして、いつまでも友達とLINEしていないで、十分な睡眠を取るようにしてください。


「思春期ニキビ」を防ぐなら、毎日のスキンケア・食事と生活習慣を正すことが不可欠ですよ。

広告


顔が可愛くなる方法② 日焼け止めはしっかりと


肌の白さは七難隠すと言われますね。


しかし、高校生はそこまで美白にこだわる必要はありません。


たしかに、色が白いことで得られるメリットは多いです。


でも、高校生らしい健康的な肌はこの時期だけの宝物とチャームポイントといっても過言ではありません。



そもそも、屋外の運動系部活をやっている高校生や通学に徒歩や自転車を使う高校生と日焼けは切っても切れない関係です。


そんな高校生が肌を白くするのは当然のことながら困難ですし、美白にこだわりすぎて楽しい学生生活を送らないのも本末転倒。


日焼けをした肌は高校生にとっては強みとなりこそすれ、マイナスに働くことはまずないので安心してください。


この年代にしかない爽やかさや健やかさのアピールに日焼けは非常に強力な武器となることでしょう♪


しかし、日焼け上等!となにも防がないのもダメですよ。


今は良くても、数年後に確実にシミ・シワなどの肌トラブルの原因となります。



なので、日焼け止めはちゃんと使うようにしてくださいね。


こだわるなら美白よりも、肌の状態のきれいさのほうが重要です。


思春期ニキビや色むら、乾燥によるかさつきなどお肌がきれいでない状態は確実に男性に与える印象を悪くします。


自分に合ったスキンケアアイテムを選び、スキンケアを怠らないようにしてくださいね。

広告


顔が可愛くなる方法③ ナチュ眉にしよう


女子高校生の中には、眉毛がないくらいカットしてしまっている方もいますが、それはやはり高校生としては不自然。


特に今年は自然な太眉がトレンドです。


なので、無理に細くしたり形をキメすぎず、高校生らしいナチュラルだけれど清潔感のあるナチュ眉にしましょう。



眉のお手入れは、

  • 長さと太さは基本的にいじらない

  • 生えている眉のラインを生かし、明らかにはみ出ている眉毛以外は抜かない


この2つを念頭に置いて行うのがコツ。

では、眉のお手入れ方法をご紹介しますね♪

①コームで毛の流れを整えます。

②眉毛のラインを決めます。
 
③眉頭は小鼻の延長線上、眉山は黒目の外側のライン、眉尻は小鼻と目頭の延長線上にもっていくのがポイント。
 
④ラインが決まったら、眉頭から眉山の間を指で押し、眉ラインからはみ出た毛だけをはさみでカットします。

⑤眉山から眉尻の間を指で押し、同様にはみ出た部分だけをカットします。
 
⑥眉ラインから出ている眉毛はツイザーで抜きましょう。


参考の動画でも確認してくださいね。



顔が可愛くなる方法④ 目力アップで印象もアップ


顔の中で最も強く印象を与えることができる場所といえば目ですね。


もともと一重や奥二重などで目の印象がぼやけるという方。


そんなあなたはアイプチなど手軽に二重にできるアイテムを使って目を大きく見せるのも、ガラッと印象を変えて可愛くなる方法のひとつです。


二重にするアイテムは強制的にまぶたに二重のクセ付けをするだけなので、自宅にいるときに使うだけでも効果的。



また目元をさらにすっきり見せるために、目のまわりのマッサージもおすすめです。


勉強やスマホ等で目を酷使する機会も多い高校生。


目が疲れ、目の周囲の筋肉が凝ると、血液循環が悪くなります。


すると、まぶたのむくみやクマ、色のくすみなど不健康な印象を与え不細工にみせてしまいます。


それを防ぐためにマッサージを行いましょう♪


やり方は簡単。

①両手の親指をこめかみにあて、人差し指で上まぶたの目頭から目尻を5回なでさすります。
 
②下まぶたの目頭、目尻を同様に5回さすります。

③次に眉頭から眉尻を5回さすります。

④手の平で目の周りを覆って5秒キープします。


参考の動画も確認してくださいね。



目元を常にすっきりさせておくことも顔が可愛くなる方法の一つですよ。

広告


まとめ


高校生活は勉強、部活、友達との遊びなどに忙しい時期ですよね。


お金や時間をかけないと可愛くなんてなれない!


なんて思ってるあなた。


そんなことはありませんよ。


この記事で紹介した可愛くなる方法は、時間やお金はほとんどかけなくて済みます。


しかも、毎日少しずつ続けていくと、びっくりするくらい印象や雰囲気が可愛くなってきます。


そうした急激な変化が可能なのも高校生ならではの強みですね。


今回ご紹介した手軽に顔が可愛くなる方法を取り入れて、ぜひ一度しかない高校生活を謳歌してくださいね!

広告