広告

289849

ほうれい線がくっきり見えると、それだけで見た目年齢をぐっと上げてしまうものですね。

鼻のワキから口元まで伸びるシワのほうれい線は、40歳以上などある程度の年齢になったら気にすればよいと思っている方も多いのですが、じつは早い方だと20歳前からでもほうれい線が出てくることもあるのです。

若いから大丈夫と思っている方も要注意!

年齢に関係なく出る可能性のあるほうれい線の原因についてみていきましょう。

ほうれい線の原因は?どうしてできるの?


若いのにほうれい線ができてしまう代表的な原因として、

・表情筋の衰え

・むくみ

・乾燥

・日常の習慣

などが挙げられます。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7036891908701304"
data-ad-slot="7212590875"
data-ad-format="rectangle">




子供のころは表情豊かだった方も、社会人になってあまり感情を表に出さなくなることも多いですね。

それにより表情筋が徐々に衰え重力に逆らえずに顔の肉がたるんだり、血行不良によって老廃物や水分も溜まることでさらにたるみが酷くなります。

また肌の乾燥もほうれい線の原因。

間違ったスキンケアや栄養バランスの乱れた食事、睡眠不足やストレスなど様々な理由でドライスキンになると、肌内部や表面が乾燥し、小じわができやすくなります。

それが酷くなるとほうれい線となってくっきりと顔に刻まれてしまうことになるのです。

10代や20代前半の若いころは、肌が持っているハリや高い保水力、活発な新陳代謝等で多少のしわや乾燥ならすぐに回復させることができていた方も、20代後半から30代になるとそれではカバーできなくなってしまうのです。

また、若いうちからあらわれるほうれい線を作ってしまう原因の中でも、特に日常の習慣で気を付けたいのがスマホの使い方です。

スマホに要注意!


持っているのが当たり前化しているスマホは、今や日常の必需品の一つですね。

しかし、このスマホが若い方のほうれい線の大きな原因となっているのです。

まず、使用中の姿勢や表情を思い出してみましょう。

大抵の方が、無表情・うつむきがち・前かがみ(猫背)で使用していますね。

これによってどんどん表情筋が退化するだけでなく、血行不良やむくみも進んでしまいます。

そしてゲームやラインなどに夢中になるあまり、長時間の前傾姿勢を続けることで顔の肉がたるみ、最初はそれほど目立たなくても、どんどんシワが深くなって定着してしまうのです。

このようにまだまだ若いからほうれい線なんて関係ない!

と思っている方ほど、ほうれい線の原因となるスマホなどの生活習慣のせいで、くっきりとしたほうれい線ができてしまうことも多いのです。

ほかにも頬杖をついてスマホを利用するのもNGですよ。

まとめ


現代人は、年齢が若くてもほうれい線ができやすい習慣や環境にさらされているといっても過言ではありません。

ほうれい線ができないように普段からスキンケアはもちろん、表情を動かして表情筋を鍛え、スマホを使う時には顔がたるまないように注意するようにしてくださいね。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7036891908701304"
data-ad-slot="7212590875"
data-ad-format="rectangle">



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7036891908701304"
data-ad-slot="7212590875"
data-ad-format="rectangle">



広告