広告



バレンタインでどうやって彼のハートをがっちりキャッチするか?

ec449542a0263b8fcdffb27bf0cc2366_s


美味しいチョコや素敵なプレゼントを用意するのはもちろんですが、

チョコやプレゼントの渡し方ひとつで印象もガラリと変わってしまいます。

学校での本命チョコの渡し方や、職場での本命チョコの渡し方については

別記事でも紹介していますが、渡し方の悩みは本命彼に対してだって同じです。

特に、彼とのデートの日に渡そうと思うと、

自然に渡すにはどうしたらいいかっていう悩みは深いですよね。

広告



デートでの自然なチョコの渡し方 パターン別整理


彼氏とのデートの際にチョコを渡すってなると、

渡し方のパターンは大まかに3つありますよね。

① 会ってすぐに渡す。

② デート中の区切りで渡す。

③ 帰り際に渡す。

基本パターンはこの3つだと思うんですが、じゃあ、このうちどれがいいのかって

なると、自分の経験に照らしてみても、ネットで調べてみてもいろんな意見が

あってどれが正解かっていうのはなさそうです。

きっと、ひとくちに「彼」や「デート」と言っても、

付き合った期間や彼との関係性などによって答えは変わってくるんでしょうね。



バレンタインのチョコ 会ってすぐに渡すパターン


基本的には会ってすぐに渡すパターンがいいかなって思います。

だって、彼の方も彼女のカバンからチョコレートやプレゼントを入れた

袋らしきものが出てたりしたら気になって仕方ないでしょ?

袋が見えてなくても、今日チョコもらえるのかな〜って、

デート中ずっと考えてるのも嫌ですしね。

だから、シンプルにデートで会ったらすぐに渡してしまうのが

お互いスッキリしてその後のデートに集中できそうです。

あんまりロマンチックな感じではないので、フランクな関係

築けてるならこのタイミングがおすすめです。

要注意なのは、まだ付き合ってるのか微妙な時なんかは、

デートの初めに渡してしまうと、

彼氏(にしたい相手)がそんなつもりはなくて

その後のデートが逆にぎこちなくなってしまうかもしれませんから

渡し方は慎重にいきましょうね。

会ってすぐに渡すのがダメってわけじゃないですよ。

より慎重に渡した方が良いんじゃないかなってことです。



バレンタインのチョコ デート中の区切りで渡す


5debc298cc45a6bacb2f60b2175f8c64_s


付き合ってからの期間に関係なく、チョコを渡す際のシチュエーションを

大事にしたいなら、デート中の区切りで渡す方法がおすすめです。

食事をしてから食後のコーヒーを楽しんでる時とか、

映画を見て軽くお茶をしてる時とか、テーマパークでのデート中とか、

ドライブして夜景を楽しんでる時とか、

いろんなロケーションやシュチュエーションで楽しめますよね。

ちょっとしたサプライズなんかも毎回仕込むことができます。



バレンタインのチョコ 帰り際に渡す


c1eb9f5772ca82c3c7d08c30fa2fd4f3_s


引っぱって帰り際に渡すっていうのもアリはアリですね。

特に付き合い始めや、付き合うのかどうか微妙な関係とか、

こっち(女子)の片思いかなって関係とか、

そういう微妙なカップルには効果がありそうです。

付き合いが安定してるカップルや何回もバレンタインを迎えてるカップル

にとっては、もう引っぱる必要や彼の様子を見る必要がないので、

あまり使わないパターンだと思います。

帰り際に渡すパターンの中には、

2人が分かれて帰る駅のコインロッカーにチョコとプレゼントを

置いておいて、彼氏に鍵を開けてもらってサプライズ的にチョコを

渡したりする方法も使われるようですよ。

広告



バレンタインのチョコ その他の演出


もちろんですが、デートでの渡し方を検討する前に、チョコやプレセントは

しっかり選んでおきましょうね。

また、素敵なラッピングでの演出も彼はきっと喜ぶと思いますよ。

チョコやプレゼント選び、ラッピングについては別記事を参考にしてくださいね。



バレンタイン デートでの自然なチョコの渡し方 まとめ


基本的なパターンに沿ってデートでの自然なチョコの渡し方を検討してみました。

どんな渡し方であれ、一番大切なのは相手がどうしたら喜ぶかを考えること。

チョコ選びから始まって、渡し方をどうするかまで、

しっかり相手のことを考えることができれば、多少スマートな渡し方にならなくても

きっと気持ちは伝わるものだと思いますよ。

今年のバレンタインがうまくいって、彼との良い関係が長く続いていくといいですね。

この記事が少しでもお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告