広告



あたたかい季節になると、

特に女性は紫外線が気にってきますよね。


外出時には紫外線対策で日傘をさしますが、


その日傘の色、紫外線対策的に大丈夫ですか?




そもそも、紫外線対策として効果がある日傘の色は、

白系・黒系どちらでしょうか?

そして、

見た目の色を重視すると、紫外線対策的にどうなのでしょうか?


日傘はお洒落なデザインのものが多くファッションの一部にもなるので、見た目もこだわりたいところ。


そこでこの記事では、日傘の色と効果についてお答えしていきますね!

広告


日傘での紫外線対策!白系、黒系どっちが効果的?

あたりまえですが、

白も黒も両方とも紫外線対策には効果的

です。


ただ、

白系・黒系、それぞれ特徴があって、弱点もあります。

白系と黒系のそれぞれの効果・特徴、弱点・難点についてまとめると次の表のとおりです。

日傘の色
効果・特徴
弱点・難点
白系
  • 光を反射して紫外線をカット

  • 黒系よりもカット効果は弱い
  • ”反射”の性質

  • →地面や壁からの照り返しを傘の中で反射してしまう
黒系
  • 光を吸収して紫外線をカット

  • 白系よりもカット効果が高い
  • 光を吸収

  • →内側に熱がこもりやすい
  • 見た目が暑苦しい


それぞれくわしく説明していきますね。

白系の日傘について

白系の日傘は、

光を反射して紫外線をカットしている

という特徴があります。


もちろん、全ての紫外線を完全に反射できるわけではなく、

反射しきれない紫外線は日傘の繊維の隙間から入ってきます。


ただ、黒系の日傘でも100%紫外線をカットできるわけではないので、

隙間から漏れてくる紫外線があることは白系の弱点はここではありません。


白系の最大の弱点は、

地面や壁から照り返えされた紫外線をカットできない

ことにあります。


白系は紫外線を「反射」するという特徴があるため、

地面や壁から照り返された紫外線は、

傘の内側でも白色に反応して反射してしまう

というわけです。



日傘の内側で反射してしまうと、

紫外線がちょうど顔の辺りに直撃

してしまいます。
(>_<)

広告


黒系の日傘について

黒系の日傘は、

光を吸収して紫外線をカットしている

という特徴があります。


こちらも全ての紫外線を完全に吸収できるわけではないのですが、

白に比べると紫外線のカット率が高い

です。


さらに、黒系は紫外線を吸収するという特徴から、

地面や壁から照り返えされた紫外線もカットできる

という白系にはない強みがあります。


黒色が照り返された紫外線を傘の内側で吸収してくれる

というわけです。



実は、

紫外線の6割は照り返しが占めている

と言われているので、照り返し対策がとても重要になってきます。



ただ、黒系は、内側の紫外線も吸収するという特徴から、

熱が内側にこもりやすい

という難点があります。


また、見た目も、黒系はちょっと暑苦しいかも

と感じてしまいます。



白系と黒系のそれぞれの特徴を踏まえると、

表面の色は白系よりも黒系のほうが効果大


さらに、照り返しの紫外線対策も考えると、

内側の色も黒系の方が効果的

です。


ただし、

黒系の熱のこもり方や見た目に難点あり

ということになります。

広告


白黒以外の色の効果はどうなる?

白黒以外だと、色の濃さを基準にして考えます。


  • 色が濃いほど紫外線のカット率が高い
  • 色が薄いほどカット率が低い


という基準です。


色が薄いと紫外線が通りやすくなるんですね。


  • 色が薄い=白系
  • 色が濃い=黒系

と考えると分かりやすいですね。


例えば、

・緑
・青
・紺

などの濃い色は紫外線対策により効果的だといえます。


対して

  • 水色
  • 桃色等のパステルカラー
  • シャンパン色

などの薄い色は、

上からの紫外線のカット率が濃色の傘より低く、
下からの照り返しを反射しやすい、

ということになって、

紫外線を顔に浴びる量が濃い色よりも増えてしまいます。

見た目と効果のバランスのとり方

これまで説明したとおり、

紫外線対策の観点からは、

表面も内側も黒系

が効果的です。



ただ、実際に黒系の傘を使うとなると、


  • 熱が内側にこもりやすい
  • 見た目が暑苦しい


というところが難点でしたよね。


黒系は、内側の紫外線も吸収するという特徴から、熱も内側にこもりやすく


見た目にも、特に夏にはちょっと暑苦しいかなと感じてしまう、

ということも紹介しました。



そこで、黒系の難点を解消しつつ、白系の弱点も克服するために、


  • 白系の傘
  • 生地がUVカット・吸収素材を使用


といった日傘が、色の見た目と効果のバランスがとれた日傘としておすすめです。


・白系の涼しげな見た目を生かしつつ、
・傘の内側での紫外線の反射を抑えた生地

となっていて、暑い夏にも、汗をかきやすい方にもおすすめです。


暑い夏は、

  • 涼しげな見た目
  • 紫外線のカット効果
  • 暑さの緩和

といった点を日傘選択のポイントにしてみましょう!

まとめ

紫外線対策に効果的なのは、黒系。

黒は上からの紫外線だけでなく、地面からの照り返しの紫外線もしっかりと吸収してくれます。

紫外線の照り返しは意外に盲点です。
(>_<)


そして暑さ対策に効果的なのは白系。

白は、表面・内側からの熱を反射するので、熱がこもらず、体感温度を下げてくれます。

見た目にもとても涼しげな印象で、夏のお洒落としても使用できます。


最近は白系でもUVカット加工の生地を使っているものも多くあり、
ファッション性を大切にしたい方にとっては嬉しいですね。


あなたにとってのベストな日傘を選んで、暑い夏を楽しく過ごしましょう!


日傘の効果には期限があった?気になるあなたはこちらの記事もどうぞ♪
↓↓↓
日傘の効果には期限があるの? 何年ぐらいもつ? 期限後のスプレーの効果についてもあわせて♪

日傘をさすべき季節は夏以外にもあるのか、気になるあなたはこちらの記事もどうぞ♪
↓↓↓
日傘はいつからいつまでさすのが正解? 夏からでは遅い? さすのが恥ずかしいときの対応も!


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

広告