広告



夏になると紫外線が気になって

日傘をさす人が目立ちますよね。

でも実は、

紫外線は1年中降り注いでいるって知ってました?


なので、

夏だけ日傘をさしていればいいってわけじゃないんです!!




じゃ、日傘はいつからさし始めるのが正解?


と気になったあなたのために

この記事では、

・日傘はいつからいつまでさすのがお肌にいいのか

とあわせて、

・その時期に日傘をさすのが恥ずかしい、という時の対応法

についてまとめてみました♪

広告


日傘はいつからいつまでさすべき?

ずばり、紫外線が多くなる

3月から10月までがおすすめ!

です。


その理由について、くわしく説明していきましょう。


まず、紫外線対策の目安として考えるのは、

もちろん紫外線の量


でも、実は、紫外線には2種類あり、それぞれ性質も違います。

その性質が日傘をさす時期の根拠になるんです。
UVA(紫外線A波)
UVA(紫外線A波)は、浸透力があるため、表面だけでなく奥の真皮にまで届いてしまいます。

ヒアルロン酸やコラーゲンを作る細胞にまで影響を与えるため、肌のハリや弾力を失い、シワやたるみの原因になります。

UVA(紫外線A波)の

ピークは5月~8月

ですが、

恐いことに、

他の月とピーク時の紫外線の量差がほぼありません。

冬でもピーク時の50%以上もの紫外線量となるので、

UVAは1年中降り注いでいるといってもよいでしょう。
UVB(紫外線B波)
UVB(紫外線B波)は、肌の奥までは届きませんが、

日焼けした時に火傷のように肌を赤くしたり、黒くします。

肌の表面にダメージを与えるため、しみやそばかすの原因になっています。


ピークは6月~8月で、4月頃から増え始めます。

冬はピーク時の20%程の量となります。



よって、日傘をいつからいつまでさすと良いかと考えると、

基本的には、だいたい4月~10月。


でも、冬であってもUVAはしっかりと降り注いでいるので、

少し暖かくなってきた3月からさすことをおすすめする理由です。


ただ、まだ寒い冬でもUVAは変わらず降り注いでいるということを忘れないようにしてください。

冬でも天気が良い日は日傘をさすのをおすすめします。

抵抗がある方も多いと思うので、帽子や日焼け止めクリームなどでしっかりと対策をしてくださいね。

広告


日傘は何歳からさすべき?

ここで、日傘をさし始める年齢について紹介します。


人は生まれた時から紫外線を浴びます。

ですが、赤ちゃんの時から日傘なんて、当然無理ですよね。

じゃ、何歳から日傘をさし始めるのが理想的なの?

となりますが、


ズバリ、

15歳頃から

がおすすめ!


お肌の曲がり角は25歳前後だと言われています。

あなたもよく耳にする言葉かもしれません。


でも実際は、

15~16歳頃から肌の老化は始まっています。


新陳代謝が活発な10代は、紫外線のダメージを受けても、外からでは分からないだけなんです。

この時期に紫外線のケアをするかしないかで、20歳以降の肌の老化の進行に影響がでてきます。


よって老化が始まる15歳頃から日傘を使用することをおすすめ、というわけです。


高校生から日傘は早いのでは?

と思うかもいるかもしれません。

でも、将来のお肌を考えると、今が大切な時ですよ!

広告


日傘をさすのが恥ずかしい時の紫外線対策は?

先ほども紹介しましたが、

日傘をさすのが恥ずかしい場合は、代わりに

帽子や日焼け止めクリーム等の紫外線対策

をおすすめします。


日傘をさすのに抵抗がある理由として、

特に若い女性は、日傘が

・マダム
・お嬢様

といったイメージがあったり、

雨でもないのに傘をさすのに

・違和感

を感じて恥ずかしいと思うからですよね。


でも、紫外線対策を何もしないのはまずいです!


何年か経った時に、あの時ちゃんとケアしておけば…

とならないように、日傘の代わりに帽子や日焼け止めクリーム等でしっかり対策しましょう。


また今は日傘は種類が豊富なので、

あなたのスタイルや好みに合った日傘を探してみるのもよいですね。

まとめ

日傘をさす効果的な時期は、

紫外線が多い3月から10月頃。


ただ、紫外線は1年中存在しているので、

日傘を使用しない時期においても対策をしっかりとすることが大切です。


そして日傘をさす年齢は、

肌の老化が始まる15歳頃から

がおすすめです。


将来の自分の肌のためにも若い頃から日傘をさす習慣を身に付けるとよいですね。

早いにこしたことはありません。


そして、日傘に抵抗のある方は、

日傘の代わりに帽子や日焼け止めクリーム等で対策をしましょう。


昔に比べて今は、日傘は紫外線対策だけでなくファッションの1部として使われることも多く、お洒落なデザインのものがたくさん。

あなたのお気に入りを探してみるのもよいですよね。


日傘についての「いつ」をしっかり押さえて、あなたの大切な肌を守りましょうね
(・ω<)☆


日傘の効果には期限があった?と、気になるあなたはこちらの記事もどうぞ♪
↓↓↓
日傘の効果には期限があるの? 何年ぐらいもつ? 期限後のスプレーの効果についてもあわせて♪



それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

広告