広告



大事な家族の一員のわんちゃん。

食事のあと人間と同じようにかゆがってるんだけど…

これってもしかして、


犬の食べ物アレルギー?




実は、

わんちゃんの約4割が食べ物アレルギー

と言われています。


アトピー性皮膚炎、ノミアレルギーの次に多いんです。


わんちゃんがつらそうにしてる原因が食べ物アレルギーなら、

なんとかしてあげたいですよね。
(。>д<。)


そこで、この記事では、

わんちゃんの

  • アレルゲンとなる食べ物
  • 食べ物アレルギーの症状
  • 食べ物アレルギーの検査方法


などについてくわしく紹介していきます。


アレルギーは、時に命に関わること!

わんちゃんの様子をよく見て見逃さないように気をつけましょう。

広告


犬の食べ物アレルギーとは?

人間と同じく、最初から特定の食物に対してアレルギー反応が起きる、という場合だけではありません。

その犬、その犬がもっている食物アレルゲンに加え、

・ハウスダスト
・疲れ・ストレス

など、

これらが合わさってアレルギー反応を引き起こすことがあります。

アレルゲンになりうる食べ物

一般的にアレルギーが出やすいとされる食べ物は次のとおりです。

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • ラム肉
  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 大豆
  • たまご

などです。


これって、実は市販されているドッグフードの原材料として使われているものがほとんど。


もし、食べ物アレルギーが疑われる場合は、

・アレルゲンの入っていないドッグフード
・アレルゲンを除いた手作り食

などで対応する必要がでてきます。

アレルギー症状

アレルギー反応の多くは、皮膚に出ます。

  • 体を異様に痒がる
    (足や口などで掻きむしる・壁や床などに体を擦り付ける)
  • 目や口の周りが赤くなる(痒みも伴うので、目や口周りも掻く)
  • 足の付け根に赤いボツボツが見られる
  • フケが出る
  • 顔や口周りが腫れる
  • 足裏や指間が赤くなり、しきりに舐めたり噛んだりする

さらに、皮膚以外でも、

  • 嘔吐や下痢
  • 血便や血尿

などアレルギー症状も様々で、軽いものから重いものまであります。


最初に紹介したとおり、今まで食べていて平気だったものでも、

他の要因と合わさって発症することもあります。


わんちゃんの皮膚や、顔まわりなどを定期的にチェックしてあげると些細な変化も見つけられる可能性が高くなります。

日頃からのボディチェックをオススメします。

そして、少しでも気になる点があったら動物病院で受診をしてください。
広告


犬のアレルギーの検査方法

では、犬がアレルギーなのかどうか、実際にはどうやって検査するのでしょうか。

一般的な食物アレルギーの検査として、以下のようなものがあります。

  • 血液検査(lgE(アイ・ジー・イー)検査・リンパ球反応検査)
  • 除去食試験

です。

血液検査

血液検査では、アレルゲンの推測はできるものの、確実にわかるというわけではありません。

実際、

血液検査でアレルゲンとして出たものを食べても何の症状も出なかったり、

逆に、検査の結果、

アレルゲンとして出なかったものでもアレルギー症状が出たりすることも少なくありません。


あくまで参考程度で考えておきましょう。

除去食試験

除去食試験は今まで食べていたフードを一切食べさせず、

食物アレルギーを引き起こしにくいとされる療法食のようなものだけを6〜8週間食べさせ、皮膚などの症状を見ていくテストです。


この期間で皮膚の状態などに改善が見られれば、食物アレルギーだと判断できます。


ここで食物アレルギーだと判断されると、

次に負荷試験に移ります。

1週間おきに異なる食材を与え、皮膚の状態を見て、アレルゲンを特定していきます。



検査でアレルゲンだと診断されたものを与えないようにする事が、まずは症状を抑える1番の近道です。


皮膚の状態を日々チェックしながら、アレルギー反応が出ないフード選びをしてあげましょう。

まとめ

大事なわんちゃんの健康状態を管理できるのは飼い主さんだけです。

日頃から、ボディチェックを習慣づけて、わんちゃんの健康を守ってあげましょう。


フード選びは慎重に行い、愛犬の様子をよく見て症状を抑えてあげられるといいですね。


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

広告