広告



クレジットカードの明細をふと見てみると、


Amazonプライムの年会費の引き落としですと!!


まったく身に覚えないんですが!!




なんて、Amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされるという事件が後を絶ちません。


Amazonプライムの会員にすらなった覚えがないのに…

という声もあるほど。



なんでこんなことになってるのか、Amazon快適生活を楽しんでる僕としては、

Amazonが悪徳なの?
Amazonのこと信じてたのに…
どうなの?
ねぇ、いったいどうなの?

と気になって仕方ありません(>_<)


そこで、”Amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされてしまう事件”の真相を解明するために、

  • なんで勝手に引き落としされたの?
  • 今すぐ解約するにはどうすればいい?
  • 解約すれば年会費は返ってくる?

などの情報について、ただちにリサーチさせてもらいました(≧▽≦)ゞ


あなたもこの記事を読めば、手元に3,900円が戻ってくるかもしれませんよ…

広告


Amazonプライムで年会費が勝手に引き落としされる理由

そもそも、


なんで年会費が勝手に引き落としされてるの?


ってところが最初の疑問。


この疑問に対する答えは、

役所の窓口のように杓子定規に回答すると…


Amazonプライムの無料体験期間(30日)が終わって自動的に有料会員に切り替えられたから


となります。



ただ、そう説明されても、


いや、Amazonプライムの無料体験の申し込んだ覚えもないんだけど…


ってなりますよね。



これも、よほど他人がなりすましたとかない限り、あなたがちゃんと認識してるかどうかは別として、


Amazonプライムの無料体験に申し込んだ


はずなんです(。>﹏<。)



というのも、


  • 無料体験の申込自体はあっさりできてしまう
  • 有料会員へ自動更新されることがわかりにくい


という理由から、あなただけじゃなくて多くの人が、


・無料体験への申し込みの認識がないまま

あるいは、

・有料会員へ自動更新される認識がないまま


手続をすすめてしまってるんですね。


いや、ほんと無料体験の申し込み=Amazonプライムへの申し込みって簡単なんですよ。


こんな感じで…


(画像1)


(画像2)



口座情報を登録していれば、このように2ステップでAmazonプライムの会員登録ができてしまいます。

しかも、有料会員への自動切り替えについては、画像2のように、画面下段の赤で囲った部分に小さく記載されてるだけ。


「重要なお知らせ」なのに小さくてわかりにくい(。>﹏<。)

これでは有料会員への自動更新をちゃんと認識しないままポチポチっと処理をすすめてしまうのもうなずけます…


こうして、

  • 無料体験のの申し込みの認識がないまま
  • 有料会員へ自動更新される認識がないまま

Amazonプライムに会員登録してしまう人が続出してしまうというわけです。

広告


年会費が勝手に引き落としされてしまった場合の対処法

認識がないままAmazonプライムの年会費が勝手に引き落としされてしまっていることに釈然としない思いを抱えつつ、

もう引き落としされてしまってるのは事実なので、どうやったら利用するつもりのないAmazonプライムの年会費を取りもどすことができるのかを考えてみます。

有料会員に自動更新された後に解約する方法

有料会員への自動更新後に年会費を返金してもらうためには、まず、

Amazonプライムを解約

しなくちゃいけません。


解約の手続きは、


【アカウントサービス】→【Amazonプライム会員情報】→【会員資格を終了する】

【アカウントサービス】


【Amazonプライム会員情報】
【会員資格を終了する】



で簡単に退会できます。

年会費の返金

年会費の返金は、


有料会員への自動更新後にAmazonプライムの特典を利用していない場合は3,900円が全額返金


されます。


Amazonプライム特典というのは、

  • お急ぎ便・日時指定が無料
  • プライム・ビデオ
  • プライム・ミュージック
  • プライム・リーディング
  • 会員限定先行タイムセール
  • プライム・フォト
  • ママ・パパ向け特典

のことです。
Amazonプライムの特典を利用してしまった場合はどうなる?
ただ、自分が有料会員になってることに気が付かずに、ついつい

・お急ぎ便

を利用してしまったり、

・プライム・ビデオ

で「ドキュメンタル」を観てしまった!


なんてことがありえますよね(*^^*)


でも、


1回でも利用したら3,900円全額戻ってこない( ゜Д゜;)!?


となると


これはあまりにも痛い!

痛すぎる!



そこで、Amazonの規約で年会費の返金について記載されている部分を確認してみると、




注: 有料会員登録後、お客様および家族会員がAmazonプライムの特典を利用されていない場合は、キャンセル時に会費を返金いたします。



ということだけが記載されています。


有料会員に自動更新されてから、Amazonプライムを利用してしまった場合の返金の取扱については記載されてないんです。


つまり、

1回でも利用しちゃった場合には1円たりとも返しませんよ、とは書いてないんです。


規約上はそこの取り扱いははっきりされてません。



なので、


Amazonプライムを数回利用した程度なら一部返金してもらえる可能性があります



ただ、

  • 何回までならいい?
  • いくら返金してもらえる?

という詳細はわかりません。


ここは、カスタマーサービスに問い合わせる必要があります。


問い合わせ先はこちら↓↓↓

アマゾン電話番号:0120-999-373


冷静に、落ちついて問い合わせしてくださいね♪

広告


知らない間に自動更新から半年たっていたら?
さらに、


うわ〜!知らん間に有料会員になって、しかも半年も経ってるやん!!


なんて場合もありえます。


この場合も、

特典の利用状況などで年会費の残り月数分を返金してもらえる可能性があります



もちろん、

・何回までならいい?
・いくら返金してもらえる?

という詳細はわかりません。


ただ、返金の可能性はゼロではないので、上記カスタマーサービスに問い合わせてみましょう♪



無料体験期間中に自動更新を拒否する方法

ちなみにですが、有料会員への自動更新を拒否する設定は、無料体験期間中にあったんです。

手続は、

【アカウントサービス】→【Amazonプライム会員情報】→【自動更新しない】

と簡単にできます。

広告


解約後の返金はいつ?

解約手続きが完了して、返金される場合はAmazonカスタマーサービスから


お客様の年会費を返金いたします(現在年会費の請求中の場合は完了するまで返金できませんのでご了承ください)。年会費の請求が完了している場合は、通常7から14営業日程度で返金は完了しますので、次回のクレジットカードの明細でご確認いただけます。



と通知が届きます。


Amazonでの処理は1〜2週間で完了しますが、クレジットカード会社の締め日との関係で1月以上かかることもあります。

まとめ

Amazon快適生活を送る僕としても、


”Amazonさん、もう少しわかりやすく有料会員の自動更新のこと表記できないの??”


と思っちゃいますね。



”有料会員への自動更新に気がつかずに年会費支払ってくれたら儲けんもん♪”

みたいな感じが否めません。


でも、ま、僕は引き続きAmazon快適生活を続けていくつもりです♪


あなたも、これにこりずに、いつかまた有料会員として戻ってきてもらって、Amazon快適生活を一緒に楽しみましょう(^_-)-☆


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

広告