広告



職場関係や社内の男性からデートのお誘い…


これが、密かに気になる人だったら

喜んでOKするだけなんだけど、

困るのはそうじゃない場合。


毎日顔を会わせて一緒に仕事をしている男性からのお誘いは、

無下に断ると今後の人間関係に悪影響が出てしまうことも…。


92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s


だからと言って、デートの誘いに応じてしまうと、

相手を期待させてしまい、

これまた厄介な事態になる可能性があるんですよね(;^_^A



そこで今回は、

職場や社内の男性からデートに誘われた時の上手な断り方を、

会話方式の例と一緒にご紹介します。


男性からのお誘いを華麗にすり抜けるのは、
イイ女の条件ですよ♪


〜2回目のデートや合コン後のデートの誘いを断るときに参考にしたい記事〜
2回目のデートの断り方はこれ!例示を参考に気の無い男とさようなら♪
デートの断り方!合コンや婚活パーティー後の男子の誘いを一蹴するならこの例文♪

広告


デートの断り方!職場や社内男子の誘いを上手に振り切るには?

職場や社内の男性といっても、

色々なケースがありますよね。


上司や先輩、得意先の男性からのデートのお誘いは、

断り方に細心の注意を払う必要があります。


同期や後輩からのお誘いは比較的断りやすいですが、

それでも、人間関係を良好に保つためには、

気を遣わなければならないことがあります。

職場や社内男子に誘われたデートを断る時の注意点

では、具体的にどんなことを注意しなければならないかというと、

主に以下の3点に気をつける必要があります。


  • 噂にならないようにする
  • プライドを傷つけないようにする
  • 嫌がっていることを悟られないようにする


この3点をクリアできれば、

職場や社内の男性からのデートの誘いも、

角の立たない断り方ができます。


それでは、1つずつ詳しく解説していきましょう。

噂にならないように気をつける

まず、最も注意しなければならないのは、

職場であなたを誘ってきた男性と

噂にならないようにするということ。


社内の噂って、密やかに、でもスピーディに広がっていきますよね。

デートを断りたい男性と妙な噂がたったら、

職場で非常にやり辛くなってしまいます。



例えば、相手に気を遣って、

物凄く残念がったり惜しんだりする風を装うと、

男性は「脈あり!」と誤解してしまうかもしれません。


そして、その男性が口の軽いタイプだと、

「彼女は自分に気がある」(^^)

なんて、自ら周囲に話しだしてしまうかもしれないんです。


しかし、逆に冷たく断ってしまうと、

傷ついた男性から逆恨みされて、


「あの女、お高くとまって勘違いしてる」


なんて、あなたの社内の評判が落ちるような噂をまき散らすかも…。



また、男性があなたを誘っている場面を誰かに見られて、

「あの2人、デキてるっぽい」

なんて噂をされてしまう可能性もあります。


だから、断る時は誰かに目撃されないように手短に、

そして、優しくし過ぎず、且つ厳しくし過ぎず、

絶妙のバランスで断らなければなりません。
広告



プライドを傷つけないようにする

男性は勇気を振り絞ってあなたをデートに誘っています。

余程の自信家ではない限り、

「断られるかもしれないな…」

ということを想定しつつ、

でも、あなたと親しくなりたくてデートに誘うのです。


それなのに、冷たくあしらうような断り方をしてしまうと、

男性の勇気とプライドを傷つけてしまいます。


職場や社内で誘ってきた男性が、

自分のプライドを酷く傷つけられたと

感じるような断り方をしてしまうと、

可愛さ余って憎さ100倍!


あなたを嫌いになってしまうかもしれません。



それでも、自分の好き嫌いを表面に出さず、

大人の対応として仕事上では

普通に接してくれれば問題ないのですが、


中には、嫌いになったら、

「それが仕事だとしても関わるのは嫌だ!」

と思ってしまう極端なタイプもいます。


もしも、あなたをデートに誘った男性がそのタイプだと、

断り方を間違えたら、その後の仕事に支障が出てしまいます。


だから、職場や社内のデートのお誘いは、

社交辞令として割り切って、

「誘ってくださってありがとうございます」

と、お礼をまず言うようにしましょう。

断るのは、お礼を言った後です。

嫌がっていることを悟られないようにする

女性は生理的に受け付けない男性からデートに誘われると、

思わず

「嫌だ…”(-“”-)”」

という感情が顔に出てしまうことがあります。


意を決して誘った女性に、

嫌悪感たっぷりの表情をされてしまったら、

男性は当然ショックを受けてしまいます。


場合によっては、職場関係の相手に、

自分の好き嫌いを隠さず顔に出してしまうあなたを

軽蔑してしまうこともあるんです。


そうなると、その後の人間関係が悪化してしまいます。


いきなり誘われたら心の準備ができないかもしれませんが、

職場や社内での出来事は、

全て仕事の延長線上にあることを意識してください。



どんなに

「ありえない!」

と思う男性からの誘いでも、

嫌悪感が即顔に出るようでは、社会人失格!


そう思って、何とか乗り切ってください。


デートに誘ってくれた男性を、

超得意先の役員に置き換えれば、

失礼な断り方をせずに、

何とか乗り切ろうという気合が生まれます。
広告



職場関係のデートを断る理由と断り方の例

では、説明した3つの注意点を踏まえて、

実際に職場や社内男子にデートに誘われたら、

どのようにして断れば良いのかをお話していきましょう。



急にデートに誘われると、

とっさに断る理由が思い浮かばないものですが、

じっくり考えると、上手な言い訳が結構あるんですよ。


  • プライベートが忙しいことにする
  • ひたすら笑顔で誤魔化す
  • 「打ち合わせならここでしちゃいましょう」と誤魔化す
  • 彼氏が嫉妬深いことにする
  • 金欠を理由にし、人に奢られないことをポリシーだと訴える


それでは、具体的に例を出しながら解説しますね。

プライベートが忙しいことにする

職場や社内の人にデートに誘われて、

最も無難な断り方は、「忙しい」という理由で断ること。


仕事関係なので、

「仕事が忙しいんです」

は使えないけど、


プライベートが多忙という理由なら、

すんなり断ることができます。


<会話例>

男性:今度飲みに行かない?


あなた:誘ってくれてありがとうございます。

でも、最近忙しくて、ちょっと時間が作れなさそうです。

すみません…。


男性:いつなら暇になりそう?予定合わせるよ。


あなた:それがちょっとどうなるかわからなくて。


男性:何が忙しいの?


あなた:ごめんなさい。ちょっと家族の事とか関係していて…。

きちんとお返事できないので、

今回は本当に残念ですけど、ごめんなさい!


プライベートで忙しいと言うと、

その内容を聞いてくる男性もいますが、

そんな時は、言葉を濁してしまえばOKです。


相手が言いよどんでいるのに、

更に突っ込んで聞いてくる男性はなかなかいないものです。


感謝の言葉を伝えた上で、

せっかく誘ってもらったのに

行けなくて申し訳ないというポーズをとってくださいね。


また誘われることもあるかもしれませんが、

何度か繰り返す内に、

相手の男性も「誘いが迷惑かも」と察してくれます。

広告


ひたすら笑顔で誤魔化す

あからさまに「行けない」と言い辛い相手もいますよね。


例えば、上司や得意先からのデートのお誘いは、

「忙しくて予定は未定」で断るのはちょっと難しいです。



そんな時は、ひたすら笑顔で誤魔化してしまいましょう。


笑ってごまかし、誘いそのものをうやむやにしてしまうんです。

これなら、相手の立場を傷つけない断り方です。


<会話例>
男性:この後、ちょっとどう?飲んでいく?


あなた:え?えへへ~、またまたぁ!社交辞令はいいですよ~!


男性:いやいや、飲みに行こうよ。


あなた:(ニコニコしながらパタパタ手を振って)勿体ないです~!


男性:忙しいの?


あなた:(笑顔で)いや、え~と…、すみませんっ!(にっこり)


男性:じゃあ、また今度ね。


あなた:ありがとうございます。お疲れさまでした(超笑顔)


男性は総じて女性の笑顔に弱いものです。


誘った女性が笑顔で返答に困っている様子を見ると、

「もしかして、予定があるのに気を遣って断り辛いのかな?」

と、あなたの都合の良い方向に解釈してくれます。

面と向かって断る必要がなく、

且つ誘った男性が「気を遣ってくれている」と思ってくれます。

その場の雰囲気を壊さずに済む断り方です。

広告


「打ち合わせならここでいいですよ」と誤魔化す

職場や社内関係だと、

仕事絡みを装って「飲みながらどう?」と、

誘ってくる男性もいます。



でも、この場合はむしろ断りやすいと言えます。

「打ち合わせならここでいいですよ」(^^)

と言えば良いんです。



特に「打ち合わせ」とか「仕事の話」と言われなくても、

相手の男性がデートに誘っているなんて全く気付いていない、

仕事絡みに決まっているという風を装って断ることもできます。


<会話例>
男性:もう少し話したいけど、夕食一緒にどうかな?


あなた:いえいえ、打ち合わせならここで大丈夫ですよ。


男性:せっかくだから、ご飯ご馳走させてよ。


あなた:そんな、滅相もないです。

気を遣っていただいて申し訳ないです…。

私は大丈夫ですから、お仕事のお話続けましょう。

すみません、本当に色々良くしていただいてありがとうございます。


男性:え~っと…、じゃあ、続けようか…。


男性はデートに誘っているつもりでも、

女性が全くそのことに気付いていないと、

「いや、デートに誘いたいだけだから」

とは、なかなか言えないものです。


女性が「打ち合わせ」と思い込んで話を勧めれば、

強引にデートに連れ出そうとはまずしません。


男性としては、意気消沈する流れではありますが、

天然を装って全く気付いていない風を装えば、

上手に断ることができます。

彼氏が嫉妬深いことにする

職場や社内関係でプライベートな理由を出すのは

少し気が引けることですが、

あなたに彼氏がいて(実際いてもいなくても)

その彼氏が超嫉妬深く、

男性と2人で食事なんて知れたらヤバイ!

というシナリオを作って断る方法もあります。


男性は多少なりと女性としての魅力を感じているからこそ、

あなたをデートに誘うわけですが、

そのことには気づかないフリをして、

臆面もなく彼氏の存在を全面に出してしまいましょう。


<会話例>
男性:今度一緒に食事でもどうかな?


あなた:え!本当ですか!ありがとうございます!

でも、私の彼氏、実は凄く嫉妬深くて…

仕事関係でも、男性と2人で食事に行くことを許してくれないんです。

前に、打ち合わせでランチしただけなのに、

たまたま目撃されて修羅場になっちゃって…。


男性:そうなんだ…。


あなた:せっかく誘ってもらったのに本当に残念です…。

こんど皆さんと行きましょうね!

その方が、〇〇さんも楽しいですよね(*^-^*)


この時、男性からの誘いに素直に喜んで、

でも、「まさか異性として誘っているとは思いもよらない」と、

相手の男性がわかるような返しが最良です。


男性が職場の人間関係を深めるために誘ってくれたことにし、

抜け抜けと彼氏の存在を公表して、

「超嫉妬深い」

なんて軽く惚気た上で、思いっきり残念がりましょう。


最後に

「今度ぜひみなさんで!」

という言葉でしめれば、

男性は完全に脈ナシだと悟り、

それ以上あなたを誘うことはきっとなくなります。

広告


金欠を理由にし、人に奢られないことをポリシーだと訴える

男女関係なく無理のない断り方に、

金欠を理由にして断るという方法があります。


しかし、男性から誘われた場合は、

「そんなの奢るに決まってる」

と言われてしまうことも多いです。



ですので、

「奢ってもらうのはポリシーに反する」

と、もう1段階理由を加える必要があります。


この断り方は、職場や社内の目上の人には使えませんが、

同僚や後輩などには、割と通じやすい理由です。


<会話例>
男性:今度一緒に飲みに行きませんか?


あなた:あ、ごめんね…。最近金欠で飲みに行く余裕がないの…。


男性:何言ってるんですか。当然奢りますよ。


あなた:気持ちは凄く嬉しいんだけど、

私、奢られるのが苦手なんだよね。

なんだか、申し訳なくて居たたまれない気持ちになるの。

だから、奢ってもらわないようにしてるんだ。


男性:そんなの、全然気にしないでください。

僕が一緒に飲みに行きたいだけですから。


あなた:本当にごめんね。

これって、もうポリシーみたいなもので、

気持ちは嬉しいんだけどさ、ダメなんだよね。


男性:そうですか…。


あなた:買いたいものもあって、今節約中なんだ。

いつになるかわからないけど、余裕が出たらまたね。


この断り方は、自分の我を通すやり方です。

いくら同僚や後輩でも、

自分の考えだけを押し通す断り方は、

その後の職場の人間関係を悪くしてしまう可能性があります。


だから、最後に「またね」と希望を見せてあげましょう。

男性も、1回でバッサリ切られると傷つきますが、

何回か誘って断られ続けると、

その間に心の準備ができるのと同時に、

誘った女性からの気遣いを感じることができ、

わだかまりを作らずに済みます。

まとめ

職場や社内関係の男性から誘われた時、

上手に断るにはコツがあります。


それは、男性に取り付く島を与えないこと。


デートに誘われた時、すぐに言葉を返さないと、


「行くか行かないか悩んでいる」
⇒ということは、少しは脈あり!


という誤解をされてしまう可能性があリます。


また、あなたが黙っている間に、

相手の男性があの手この手で

口説き落とそうとしてくるかもしれません。


そうなると、サクッと断るのが難しくなります。


だから、誘われたら間を開けず、

相手の男性が口をはさむ隙を与えないくらいのテンポで、

感謝の気持ちを伝えた上で理由を話して断りましょう。


これこそが、上手な断り方のコツです。


それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広告