広告



プロポーズのときに彼女に花をプレゼントしたい!


でも、どんなものにすれば良いのかわからない・・・



だって、


今まで花束を選んだことが一度もないから(≧▽≦)


なんて男性も少なくないのではないでしょうか。


b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


花は女性がプレゼントされて感動するアイテムです。


プロポーズの時、彼女に花をプレゼントすれば、

あなたの一生懸命な気持ちが伝わり、

きっと何を選んでも喜んでくれますよ(*^-^*)


とは言え、やっぱりプロポーズの花について、

基本的なことを知っておきたいですよね。



そこで今回は、

プロポーズで彼女にプレゼントする花の種類や本数、渡し方まで徹底解説!

しちゃいます♪


〜プロポーズをバッチリ決めるために読んでおきたいその他の記事〜
プロポーズの言葉を考える方法【彼女が泣いて喜ぶ感動の例文とは♪】
プロポーズするタイミング【交際期間から判断する?彼女の誕生日がベスト?】
サプライズのプロポーズ【失敗しないレストラン選びと実践方法はこれ♪】

広告


プロポーズのプレゼントには花!オススメの種類や本数と渡し方

プロポーズに花を贈ろうと考えて、
通りがかりの花屋を店外からちょっと見てみると、
あまりにたくさんの種類の花が・・・


これではますます、


「どれにすればいいんだ〜」


と悩ましくなってしまいますよね(;^_^A


そこでまずは、プロポーズにプレゼントする花の種類や本数、値段について徹底研究してみようと思います!

プロポーズのプレゼントの花!種類、本数、値段は?

プロポーズに花束をプレゼントする場合、
少なくとも、3つのことを決めなければなりません。


  • 花の種類
  • 花の本数とボリューム
  • 花の値段

それでは早速、
1つずつ掘り下げていきましょう!

広告


花の種類

プロポーズの花は
「この種類でなければいけない」
というものではありません。


でも、気をつけなければならないことがあります。


まずは花言葉。


プロポーズに渡す花なのに、
その花言葉が

「別れ」
「移り気」


だったら台無しですよね”(-“”-)”


彼女が喜びそうな花を見つけたら、
念のため花言葉はチェックしてくださいね。


ちなみに、プロポーズの花束の王道であるバラは、
その色によって花言葉が変わるんですよ。


赤:愛情
白:純潔
ピンク:上品



また、可愛らしくて春に選んでしまいがちなチューリップですが、
白いチューリップの花言葉は「失われた愛」です。


気をつけてくださいね。


そして、色合いも重要です。


彼女に喜んでもらう為の花束なので、
彼女好みの色を選んだ方が良いですよね。


でも、寒色やダークな色合いは、
あまりプロポーズの花束には向いていません。


華やかな色合いを心がけて選ぶと良いでしょう。


この点を考慮して、
通年取り扱いのあるおススメの花を3つ紹介します。


バラ

やっぱりプロポーズの花束で定番中の定番です。


発表会などで花束を貰ったことがある人でも、
バラの花束は貰ったことがないということも多く、
何と言ってもスペシャル感があります。


ガーベラ

小さな花弁がたくさんついた可愛らしい花です。


色合いはピンクやクリーム系など明るい色で、
花束にすると、とても華やかで綺麗です。


花言葉もプロポーズにピッタリ!


赤:燃える神秘の愛、チャレンジ!
ピンク:熱愛
オレンジ:神秘、我慢強さ



です。


ユリ

結婚式のブーケに使われることが多いユリは、
プロポーズに贈る花として人気です。


ユリの花ことばは

純粋、無垢


大振りの花はとても印象深くインパクトがあります。

広告


花の本数とボリューム

プロポーズの花束は本数も重要です。


花の種類によって同じ本数ではボリュームが変わりますので、
プロポーズの花の王道、バラの花の本数について
色々と調べてみました。


バラの花は、
本数によって花言葉が変わります!


プロポーズにピッタリのバラの本数をいくつか紹介しますね。


1本:あなただけ
4本:永遠の愛
9本:ずっと一緒にいて欲しい
12本:私の妻になってください!
40本:真実の愛
99本:永遠の愛
101本:最愛
108本:私と結婚してください!


バラは1輪でも絵になる花ですが、
本数を少なくする場合は、
貧相に見えない工夫が必要になります。


また、本数が多いと凄いボリュームになるので、
サプライズするならプロポーズの場所が限定されます。


更には、花束を挿す花瓶を彼女が持っている可能性は低いので、
そこまで用意した方が良いですし、
何より重いので、その日は彼女の家まで送る必要もあります。



花の本数やボリュームは、
プロポーズのシチュエーションに合わせて、
また、彼女の生活スタイルを考慮して決めると良いでしょう。

広告


花の値段

プロポーズの花束の値段ですが、
相場はあってないようなもののようです。


例えば、プロポーズの花をあえて1輪にするのも
ロマンティックですよね。


この場合、演出としてあえての1輪ですが、
値段は500円を超えることはまずありません。


一方、108本のバラの花束を用意するとなると、
バラの種類にもよりますが、
どんなに安くても10,000円、

相場としては20,000円から30,000円はかかります。

上を見ればきりがなく、それ以上かかることもあります。



それでも、あえて「このくらい」と花束の値段の相場を作るとしたら、

5,000円から10,000円の間

となります。


この価格帯ならば、
花屋で花の種類と色合いを伝えた上でお任せしてしまえば、
かなり豪華な仕上がりになります。

プロポーズの花は花束以外のアイテムもあり!

プロポーズの花と言えば花束を連想しますが、
花束以外の花のプレゼントもあるんですよ(^_−)☆


プリザードフラワー

生花を専用の液体で加工して、
見た目を殆ど変えずに長期保存を可能にしたものです。


生花のように水を与える必要がありません。


また、適した方法で保存すると年単位で楽しめるので、
結婚後の新居に飾り続けることができます。


フラワーボックス

小物入れのような素敵なボックスに、
生花やプリザードフラワーを収めたものです。


花束とは違いかさばらないので、
持ち歩いてプロポーズするタイミングで、
サプライズプレゼントにすることができます。


また、ボックスに婚約指輪やメッセージを添えれば、
プロポーズを素敵に演出してくれます。


もしも彼女が毎日花の水を変えるのが面倒に思うタイプなら、
もしかしたら、こちらの方が喜ばれるかもしれませんよ。

広告


プロポーズで花を渡すタイミングはいつ?

花の準備が整ったら、
渡す時のシチュエーションを考えなければなりませんよね。


プロポーズの時に花をプレゼントするタイミングは、
ザックリ分けると3パターンあります。

  • 花を渡してからプロポーズ
  • プロポーズと同時に花を渡す
  • プロポーズ後に花を渡す

それでは、それぞれのシチュエーションについて、
どのように渡せば良いのか説明します。

花を渡してからプロポーズ

花を渡してからのプロポーズは、
「彼女にサプライズしたい!」という方にお勧めです。


イメージとしてはこんな感じですね。


  • プロポーズする場所に彼女を連れ出す
  • 隠していた花をサッと取り出しプレゼントする
  • 「え!?どうして!?」と、突然の花に驚く彼女にプロポーズ!
  • 彼女感動!


ただし、花を渡してからのプロポーズは、
花の種類やプロポーズする場所がかなり限定されます。


例えば、108本のバラの花束をプレゼントしたい場合、
それを隠す場所が必要です。


その場合、外出先ではなかなか難しいですよね。



となると、プロポーズする場所はどうしても限られます。

自宅が最も便利ですが、それ以外ですと、

ホテルやレストランなど、

プロポーズの演出に協力してくれる場所
に限られます。


待ち合わせ場所に花束持って登場!

というのもありですが、

その場合は、デートの間花束を持って歩かなければならず、
それはそれで、なかなか大変です。

広告


プロポーズと同時に花を渡す

プロポーズと同時に花を渡すというのも、
とっても素敵な演出です。


女性がイメージするベタなプロポーズは、

「結婚してください!」
(サッと花束を差し出される。もしくはパカっと婚約指輪)

だったりするので、


プロポーズと同時に花を差し出されると、

一度は憧れたプロポーズシーンを自分が経験♪

ということになり、
大きな感動が押し寄せてきます。


しかし、プロポーズと同時に花をプレゼントする場合、
花のサイズがかなり限定されてしまいます。


まず、108本の花束は隠せないので無理です…。

持ち歩いても不自然ではないサイズの花となると、
フラワーボックスや1輪もしくは小さな花束になります。


小さな花のプレゼントでも女性は嬉しいものですが、
メッセージやアクセサリー、婚約指輪などを添えると、
より思い出深いものになりますよ。

プロポーズ後に花を渡す

最も花束の大きさを問わないのが、
プロポーズ後に花を渡すというタイミングです。


この場合、プロポーズと花をプレゼントする場所を
一緒にする必要がないので、
大きな花束を用意したい人に向いています。



例えば、プロポーズする場所は、

素敵なレストランや夜景の綺麗な場所を選び

先にプロポーズしてしまいます。



そして、プロポーズが終わった後、

「渡したいものがあるんだ」

と、場所を変えて花をプレゼントすれば良いんです。

彼女は、プロポーズだけでも感動しているところ、
更にプレゼントがあることを知って2度感動です!

まとめ

プロポーズをするためには、
色々な事を考えなければなりません。

とっても大変です。


でも、自分の為に頭を悩ませ、
素敵なプロポーズを考えてくれたことに、
彼女は一番感動するんですよ(*^-^*)


また、彼氏が花のプレゼントを選んでいる姿を想像して、

「頑張ってくれたんだな」

と、嬉しくなるんです。



男性が花束を選ぶのはなかなか大変で、
もしかしたら、「プロポーズだけでもいいかな…」と
思ってしまう瞬間があるかもしれませんが、

彼女は絶対喜んでくれるので、
自信を持って花のプレゼントを用意してプロポーズしてくださいね!


それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

広告