広告



この記事を見てくれているということは、


あなた、彼女へのプロポーズを考えてますね?


しかも、サプライズプロポーズを。


実は、世の中にはプロポーズがないまま
何となく流れで結婚してしまうカップルが多いんですよ。


なので、女性の立場からするとサプライズプロポーズってうれしいことなんです(*^-^*)


e305598a6ba38978b618ff5f56c5a341_s


プロポーズがないから離婚率が上がるわけじゃありませんが、
やっぱり「プロポーズして欲しかった…!」というのが、
女性の中にある正直な気持ち。


だから、サプライズプロポーズは大賛成☆


そこで今回は、サプライズプロポーズの中でも、
場所をレストランに限定して
彼女が喜んでくれるサプライズプロポーズの実践法を徹底解説しちゃいます♪


〜プロポーズをバッチリ決めるために読んでおきたいその他の記事〜
プロポーズのプレゼントには花!オススメの種類や本数は?渡し方はどうする?
プロポーズの言葉を考える方法【彼女が泣いて喜ぶ感動の例文とは♪】
プロポーズするタイミング【交際期間から判断する?彼女の誕生日がベスト?】


広告


サプライズでプロポーズする方法【レストランでの実践法を徹底解説!】

サプライズプロポーズの舞台となるレストラン。


まずは、レストラン選びから準備が始まります。


ドラマのワンシーンなどで
プロポーズに適したレストランのイメージは何となくあるかもしれませんね。



でも、実際にどんなレストランが良いのか、
いざ選ぼうとすると、結構迷ってしまうものです。


そこで、まずはレストランの選び方から説明します。

プロポーズを最高に演出するレストランとは?

プロポーズの舞台となるレストラン選びはとっても重要!


でも、「このレストランが良い!」という答えはありません。


なぜならば、女性の好みは千差万別だから。


だから、彼女の性格を良く考えて選ぶことが大切です。



その上で、以下の点に気をつけてください。


  • 落ち着いた雰囲気のレストラン
  • 一生の思い出に残る特別感がある
  • 初めてのレストランなら必ず下見をする


2人の思い出深いレストランでのプロポーズもおススメです。


それだけでサプライズになるし、
彼女はきっと感動してくれます。

サプライズは彼女の性格を良く考えることが大切

レストラン選びも重要ですが、
それ以上に大切なのが、サプライズの内容です。


「彼女を感動させたい!」


という気持ちが先走ってしまうと、
独りよがりなサプライズになってしまうことがあります。



例えば、ちょ〜恥ずかしがり屋な彼女なのに、
レストラン全体を巻き込んだようなサプライズプロポーズの場合。


彼女はプロポーズの喜びよりも、


「恥ずかしい…!」


という気持ちが勝ってしまい、
非常に居心地が悪い思いをしてしまいます。



また、お洒落に敏感でこだわりの強い彼女の場合。


サプライズプロポーズでお馴染みの、
婚約指輪をいきなり渡すという方法は、


「もっとセンス良い指輪が欲しかった…」


と、ガッカリさせてしまう可能性もあります。



サプライズプロポーズをする時は、
空回りしないように彼女の性格を良く考え


「どうしたら彼女が一番喜んでくれるのか」


ということを基準に考えてくださいね。

広告


レストランでのサプライズプロポーズ!具体例と手順を紹介!

彼女の性格を良く考えて、
レストランの雰囲気とサプライズ方法を選んだら
いよいよプロポーズの準備が始まります。


そこで、レストランでのサプライズプロポーズについて、
いくつかの具体的プランを紹介します。


  • レストランの協力を得たサプライズプロポーズ
  • プロポーズプランのあるレストランを利用する
  • プロポーズアイテムを使ってこっそりサプライズ
  • ひねりを効かせたサプライズプロポーズ


それぞれの具体例と手順を解説していきますね!

レストランの協力を得たサプライズプロポーズ

レストランのサプライズプロポーズと聞いて、
思いつく演出がいくつかありますよね。


  • 運ばれたシャンパンの中に婚約指輪が沈んでいる
  • 運ばれたデザートの中に婚約指輪が隠されている
  • 花束を隠しておいて後で店員に持ってきてもらう


彼女がサプライズ大好きならば、
こういった派手なサプライズプロポーズは大いにありです。


レストランに演出を協力してもらうと特別感が大きいですよね。



だけど、もちろんこれにはレストラン側の了承が必要です。


実際にはこのような手順になります。


1. 彼女好みのレストランをいくつかピックアップ
2. レストランの下見に行く
3. 下見に行った時にプロポーズの演出で協力してもらえるか確認
4. プロポーズするレストランを決定して予約



「ちょっと指輪をシャンパンに沈めるだけ」

「デザートにちょっと手を加えてもらうだけ」

だから、どこでも案外了承してもらえると思いきや、
衛生面管理の関係から、断られてしまうことも多いんです。



レストランの協力が必要なサプライズプロポーズは、
レストラン選びの段階で最も手間取る可能性が高いので、

時間をたっぷり用意して、余裕を持って準備してくださいね。

広告


プロポーズプランのあるレストランを利用する

プロポーズの舞台となるレストランですが、
「プロポーズプラン」を扱っているレストランが存在します。


レストランの担当者とプロポーズについて打ち合わせをし、
当日、プロポーズのお手伝いをしてもらうというものです。



例えば、チャペル併設のレストランの場合、
このような流れのプランがあります。


1. まずはフルコースで食事を堪能
2. デザートの前にチャペルへ移動(BGM付!)
3. チャペルでロマンティックにプロポーズ!
4. 席に戻ってプロポーズの余韻に浸りながらデザート


レストランのプランとして用意されているので、
演出バッチリのサプライズプロポーズができちゃいます!



もちろん、ワンパターンなプロポーズではなく、
担当者と入念に打ち合わせをするので、
オリジナリティ溢れるサプライズプロポーズをすることができるんです。



お値段は、打ち合わせ料、演出料、お料理料金込みで、

30,000円~50,000円程度。



かなりの出費がありますが、
レストラン側からの万全のサポートがあるので、
きっとあなたが思い描くサプライズプロポーズが実現できます(*^□^)

広告


プロポーズアイテムを使ってこっそりサプライズ

サプライズプロポーズと聞くと、
派手な演出を思い描いてしまいがちです。


でも恥ずかしがり屋の彼女だと、
自分が目立ってしまうプロポーズは正直遠慮したいと思っているかも。



そのような場合は、周囲に気付かれないように、
こっそり、でも彼女が驚くようなサプライズを演出してください。



王道の「婚約指輪をパカッ!」というのも充分サプライズ。



だけど、もう少しワクワク感を演出したいならば、
レストランでプレゼントを渡して、
プレゼントそのものにプロポーズのメッセージを込める方法があります。


例えば、


プロポーズボックス


小さくて可愛らしいアクセサリーを入れるようなボックスです。


それを開くと、お花の形をした台座にチャームがセットされています。


チャームの部分を彼女が手に取ると…、
チャームに繋がっている、さらに小さなチャームが。



そこには

「Marry me?」

というメッセージが彫られているんです。



「婚約指輪かと思ったら違った…」


と、一瞬彼女を困惑させた後のサプライズ!
これは心にドーンときますよ(^^)



このようなプロポーズアイテムは、
ネットで検索するとたくさん見つかります。


言葉で伝えるプロポーズも良いけど、
プロポーズ専用のプレゼントを用意して伝えると、
思い出が一生形となって残るのが素敵ですよね。



言葉で愛を伝えるのが苦手な恥ずかしがり屋の男性に
おススメしたいサプライズプロポーズの方法でもあります。

広告


ひねりを効かせたサプライズプロポーズ【実話】

最後に、ひねりを効かせた素敵なサプライズプロポーズを紹介します。



これ、実話なんです。


残念ながら私の経験談ではありませんが…(;^_^A



では、誰がされたのかというと、
私の姉が実際に受けたプロポーズです。



実話なので、物語風にお話したいと思います。


その日、姉は彼氏とディナーの約束をしていました。


姉と彼氏は高校時代の同級生で、家は自転車で行き来できるほどの近距離。


でも、その日彼氏は、都心にある夜景の綺麗なレストランを予約したんです。



実は、姉は彼氏から、

「結婚は30歳までしなくていい」

と言われていました。


姉の方は、今すぐにでも結婚したいと思っていたんですけどね。



当時姉と彼氏は26歳。


お互い結婚相手として充分意識しているものの、
姉は彼氏から具体的な時期について言われていたので


その日は、


「いきなりレストランを予約するなんてどうしたんだろう?」


と、不思議に思いつつも、
まさかプロポーズをされるなんて思いもしていませんでした。



素敵なレストランで食事をして、
デザートが運ばれてくる頃、
姉は彼氏から小さなプレゼントを渡されます。


「開けてみて」


と、彼氏に言われ、
特に誕生日でもなく、何だろうと思いながらプレゼントを開けると…。



そこには印鑑が。


「印鑑…?」




と、怪訝に思いながらよ~く見てみると、


そこには、


彼氏の苗字と姉の名前が氏名となって彫られていた!


というプロポーズだったんです。



この演出だけでも充分サプライズなのに、
姉は30歳まで結婚はないと思っていたから、


余計に驚いて、そして感動したんだとか。



これ、姉から実際に聞いたエピソードです。



いいな~、素敵だな~って思いました。


当時は純粋に素敵だなと思ったのですが、
調べてみると、印鑑を使ったプロポーズは、
サプライズとして割と使われている方法のようです。


でも、きっと彼氏は一生懸命調べて準備したんだと思います。

その気持ちがまた、うれしいんですよね。

まとめ

実は、私は夫からサプライズプロポーズをされていません。


というか、私の方から「結婚して!」と言いました。


その挙句待たされて、やっと結婚してもらった感じです(;^_^A



だから、正式にプロポーズをされたという話を聞くと、
本当にうらやましいな~って思います。


しかも、それがロマンティックなサプライズなら尚更!



プロポーズって、2人の歴史の一部でしかないけど、
でも、素敵な思い出になるものなんですよね。


「私の為に一生懸命考えてくれたんだ」


というのが、彼女の心に強い感動を与えて、
一生の思い出になるんです。


だから、是非ともサプライズプロポーズを実現して欲しいと思います。


それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

広告