広告



仕事の資料を読まなきゃいけない・・・

なのに、
何かと気が散って

集中力が続かない!

なんて悩みありますよね?


YUKI150321280I9A4443_TP_V


社会人にとって
仕事のスピードと質を高めることは
過酷な競争社会を生き抜くためにも
今や必須の条件です。

その仕事のスピードと質を高めるための
前提となるのが、何より

高い集中力が維持できること。


私自身も
激しい競争社会に身を置く
一人の社会人として
つい最近まで

集中力を高めるいいトレーニング方法はないか

そんな悩みを抱えていたんです。

でも、ある方法を実践するようになってから
集中力が続かなくて悩むことはなくなりました。


なんて紹介すると、
「ある方法」にまつわる高額商品でも
売り込むように感じてしまいますよね(;^_^A


大丈夫です!

この記事で私が紹介する集中力を高める方法は
一切費用はかかりません。

あえてかかるコストをあげるなら、

  • この記事を読む時間(5分程度)
  • 「あるトレーニング方法」を実践する時間(毎日5分程度)
だけです。

安心してください^^


ま、もったいぶるような方法でもないので
さっそく、あなたの集中力を高めるトレーニング方法について
紹介していきますね(・ω<)☆



広告


集中力を高めるトレーニング【瞑想の効果とは?】

集中力を高める方法とかトレーニングにも
いろいろありますよね。

例えば、

  • 時間を決めて締め切り効果を高める
  • 必ずやり切れるという自己暗示を行う
  • 作業を細かく分けて集中する
  • 1つのことに集中できるような環境を作る
  • 血糖値を急上昇させるような甘いものを避ける

ざっと思いつくだけでも
こんなにあります。

でも、いずれの方法も
集中力を高めるための環境を整えてるだけで
ホントの意味で集中力を高めているわけじゃないんです。


わかりやすく例えるなら、
重いものを持ち上げるにはどうすればいいか?
と考えた場合、

  • 重いもの自体を分割して軽くする
  • 持ち上げるためのコツをつかむ
  • 筋力を高める

の3パターンあると思うんですが、

先に紹介した集中力を高める方法は
・重いもの自体を分割して軽くする
・持ち上げるためのコツをつかむ
の2つなんですよね。


重いものを持ち上げるための
筋力自体を高めてるわけじゃない
と思うんです。


仮に、集中力を高める
「集中力筋」
みたいなものがあったとしたら、

その集中力筋を強くするトレーニングって
いったいなんなの?
となりますが、

もったいぶらずに言ってしまうと、
それはズバリ

瞑想

です。



瞑想によって
「集中力筋」自体を鍛えることができます。

ホントに?

ホントに。


しかも、この記事で紹介する瞑想法は

  • いつでもできる
  • どこでもできる
  • 簡単にできる
  • タダでできる
  • 何より集中力を高める効果が高い

というものなので、
ホントにオススメです。

なぜ瞑想には集中力を高める効果があるのか?

たしかに、
瞑想で集中力が高まる
ってことについては、
これまでもいろんなところで
繰り返し耳にされてきたと思いますし、

ぶっちゃけ
集中力を高める方法として
ネットを検索すると必ず紹介されてます(;^_^A


でも、
どうして瞑想で集中力が高まるのかについて
ちゃんと解説してるものは
残念ながらお見かけしません。


そこで、
瞑想で集中力が高められるということに
懐疑的なあなたに、
簡単にですが、
その理由を紹介してみます\_(・ω・`)


瞑想することで集中力が高まる理由は、


「思考→感情」≠自分


をトレーニングするからです。




広告



あなたも感覚としてわかると思いますが、
人間の思考って
あっちへ行ったりこっちへ行ったり
常に落ち着かないものですよね?

例えば、
仕事の資料を集中して読みたいのに、

・今日の午前中に上司からみんなの前で罵倒された
・なんであんな言われ方しなきゃいけないんだよ
・上司のバカヤロー!

とか、

・仕事であんなミスしてしまった
・もう上司からも信頼されないよ
・もうダメだどうしよう
・ガッカリ

という感じで、
思考→感情
が頭の中を巡ります。


また、

・昨日の晩旦那さんと喧嘩した
・絶対に悪いのは旦那さんのほうだ
・私は悪くない
・旦那ムカつく〜( *`ω´)

って「思考→感情」のパターンもよくあります。
(私だけ? (;^_^A)


で、集中力が欠如してしまうのが
この「思考→感情」っていう流れに
自分が一体化しちゃうからなんですよ。


もう、頭の中が

  • 上司への怒り
  • 仕事の失敗での落ち込み
  • 旦那への怒り
  • 旦那への感謝!?
  • 嫁への怒り
  • 子供の心配

なんかで回りだすと
手元の仕事の資料に集中できない(´・ω・`)

集中しては「思考→感情」が浮かび
集中しては「思考→感情」が浮かび・・・

を繰り返します。


そして、目の前の資料に集中するよりも
「思考→感情」に囚われてる時間の方が
長くなってくる。

これはまさに
「思考→感情」=「自分」
となった状態です。

こうなると
もはや目の前のやるべきことに
集中することはできません。


この「思考→感情」と「自分」との
一体化を回避して

思考→感情≠自分

を維持すること

つまり、
今やるべきことに対する
集中力を高めるトレーニング方法


瞑想

っていうわけです。

瞑想の具体的な方法


Young Beautiful Businesswoman Doing Yoga In Office


具体的な瞑想の方法は、

  • 姿勢を整える
  • 呼吸に集中する
  • 毎日最低5分間行う

たったのこれだけです。

姿勢を整える

瞑想するのは
・座禅を組んでも、
・正座でも
・椅子に座っても
・立ったままでも
自由な姿勢で行えます。

手の位置も
膝の上に軽くおいてもよし、
座禅のポーズのように手で印を結んでもよし、
こちらも自由にしてください。


気をつけるのは、

背筋をしっかり伸ばすこと

それだけです。

背筋を伸ばすことで
内臓や神経が本来の形状に整いますし、
胸が広がるので呼吸もしやすくなります。


背筋を伸ばした時の気持ちの落ち着き方って
あなたも経験上理解してると思います。

例えば、
習字をするときなんかは、
背中が丸まったままで書いたりしませんよね?

背中をピシッと伸ばして
姿勢を整えると
気分も落ち着いて集中して字が書ける


瞑想もそれと同じことです。

呼吸に集中する

呼吸は、

  • 息を吐く時間=息を吸うときにかけた時間×2
  • 呼吸の時間を心の中でカウントする
  • ひたすらカウントを繰り返す


このようにして呼吸に集中します。

息を吐く時間=息を吸うときにかけた時間×2

息を3秒で吸ったなら
6秒で吐きます。

息を5秒で吸えば、
10秒で吐きます。

息を7秒で吸えば、
14秒で吐きます。

シンプルにこれだけのルールです。


実は息を吸うときの2倍の時間をかけて息を吐くこと
自体に意味はありません。

できるだけ息を吐く時間を長くすることが
副交感神経を刺激してリラックス
瞑想の効果が高まることに意味があります。

なので、
2倍の時間をかけて息を吐くことは
ひとつの目安と考えればいいと思います。

呼吸の時間を心の中でカウントする

ひたすらカウントを繰り返す

息を吸う時、
息を吐く時、
それぞれにかかる時間を
心の中でカウントします。



息を吸う時に、
「1、2、3、・・・」
と、
息を吐く時に、
「1、2、3、・・・」
と、

このカウントをひらすら繰り返します。



広告


湧き上がってくる「思考→感情」はどうする?
瞑想していると、
どうやっても
「思考→感情」
が湧き上がってきます。

仕事の資料を読んでる時と同じように、
・上司のこと
・家族のこと

基本的には嫌なイメージが湧き出てきます。


呼吸のカウントに集中できないんです(。>﹏<。)


そんな湧き上がってくる「思考→感情」への
対処は、

「思考→感情」を手放すこと

です。


具体的なイメージは、
瞑想するときに
呼吸をカウントすることに集中します。


いつの間にやら
「思考→感情」にひきづられてますが、

いいんです。
気がついたらすぐに
呼吸のカウントに戻れば。

コツは、「思考→感情」を

評価しないこと

です。


今日の上司からの罵声を思い出して
嫌な気持ちが湧いてきても、

「そっかそっか、
上司の罵声を思い出して
嫌な気持ちが湧いてきたんだな。」

と認めてあげつつ、

再び
「1、2、3、・・・」
と呼吸のカウントに戻ります。


くれぐれも、

「あの時言い返せばよかった!」
「でも、上司だし、
やっぱり我慢してよかったんだ。」
「でもやっぱり許せない・・・」

なんていう
思考と感情の負の
スパイラルに落ち込まないように
「思考→感情」を評価しないように
するんです。


ま、最初はなかなか難しいですが、
毎日5分でも繰り返していると
「思考→感情」を手放して
再び呼吸のカウントに集中する感覚が
つかめてきます。
瞑想の効果の科学的な裏付け

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s


実は、瞑想の効果の科学的な裏付けについては

2012年2月に放映されたNHKの番組
「ためしてガッテン」


でも紹介されています。

その内容は、
瞑想を実践すると、
「背内側前頭前野」
という脳の領域が活性化するそうです。

この背内側前頭前野は、
自分や他人の思考や感情に気づいて理解する能力
を司っているので、

この領域が活性化することで
今の自分の思考や他人の思考を
客観的に理解して
対応できるようになります。


ここでは他人の思考については
触れませんが、
まさに、瞑想によって
あなたの集中を妨げている
「思考→感情」に気づき、
手放す能力を高めることができる


ということが
科学的にも裏付けられている
ということなんですね\_(・ω・`)



広告


私が体感した瞑想の効果とは?

私が瞑想を実践するようになってから
1ヶ月がたとうとする頃でしょうか。

ふと、

自分で集中力をコントロールできて
格段に集中力が高まっている


ことに気がついたんです。

仕事や勉強をしていると
もちろん今でも
「思考→感情」は湧いてきます。

でも、それを追いかけませんし、
評価もしません。


瞑想中に呼吸のカウントに
意識を戻したように、
仕事や勉強に意識を戻すことが
できるようになってたんです。



本当にわずか1日5分程度の
実践なんですが、
その代わり、
必ず毎日やるようにしてます。

今でも。

基本的には夜寝る前に
静かな部屋で一人きりで
瞑想しますが、

飲んで帰ったり、
残業で遅くなって
疲れている時は
瞑想せずに眠ります。

そんな時は
必ず翌朝の通勤電車内で
座っていようが、
立っていようが
瞑想のためのアプリを
使って5分間きっちり
瞑想します。


そんな毎日の繰り返しが
功を奏したのでしょうか。
1ヶ月たった頃に集中力が
劇的に高まっていることに
気がついたというわけです。

ちなみに、こちらが瞑想のために
私が使用しているアプリです。

Insight Timer - Meditation App
Insight Timer – Meditation App
無料
posted with アプリーチ


それから、この記事で紹介した瞑想方法の
ベースとなったのがこちらの書籍です。




この書籍の内容を私なりに解釈して
実践した方法を今回まとめてみました。
この記事をきっかけに、瞑想について
もっと深く勉強したいな、
と感じられたならぜひこちらの書籍を
参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
集中力を高めるためのトレーニングとしての
瞑想でしたが、
参考になったでしょうか?

冒頭紹介したように、
この方法を実践してかかるコストは、
記事を最後まで読まれたあなたにとっては
もはや

瞑想する時間だけ

となりました(*^□^)


しかも、
いつでも
どこでも
簡単に
実践できます。

ぜひ、通勤の電車やバスの中で
瞑想を取り入れて
瞑想を生活の一部にしてみてください。

集中力が高まるだけではなく
感情のコントロールが
できやすくなるなど
その副産物には大きなものがあります。


現代の厳しい競争社会を生き残る仲間として
瞑想を実践されるあなたを応援します♪


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。


広告