広告



来年の元旦も神社でお守りをいただく予定だけど

今年の元旦にいただいたお守りってどうすればいいの?


adobestock_38477130


毎年初詣に出かけたときにお守りを受けていると、
どんどん増えていってしまうので
古いお守りをどうすればいいのか悩んでしまいます。

ゴミ箱にそのまま捨ててしまうのも
なんだかバチが当たってしまいそうな気がしますし・・・


そこで、我が家の初詣やお宮参りでご祈祷をお願いしてる
近くの神社の神主さんに、
いただいたお守りの返納の時期
正しい返納の方法について
確認してみました♪

あくまで神社でお受けしたお守りについてですが、
お忙しいなか快く教えてくださった神主さんの回答を
こちらの記事でシェアしますねヽ(*´∇`)ノ



広告


お守りを返納する時期

お守りを返納する時期は、

お守りいただいてから1年後が基本

となります。


その理由は、
お守りのご利益が1年程度で終わる
とされているからです。


神様の霊威に期限があるなんて
なんだか変な感じもしますが、

神社のトップである伊勢神宮が
「神宮大麻(じんぐうたいま)」と呼ばれる神札を
毎年発行していることからも、
一般にお守りのご利益は1年と解されていることがわかります。


実際、私がご祈祷をお願いしている神社のサイトでも、
「御札・御守りは一年ごとに新しく受けましょう」
と記載されています^^;



一方で、お世話になっている神主さんに本音の話を
うかがってみると、

神主さん:
お守りは
「どういう気持ちで受けたか」
で返す時期が決まると考えてください。


つまり、

  • 初詣で1年の祈願のために受けたお守りは次の年に返納する
  • 年の途中に合格祈願のために受けたお守りは1年経たなくても受験が終われば返納する
  • 次に参拝するときに返すつもりで受けたお守りは1年以上経ってからでも次の参拝のときに返納する

と教えてくださいました(*´∨`*)


基本的なしきたりは1年での返納ですが、
お守りの実質を考えて柔軟に対応しても良い


というのが神主さんの見解だったんです(´〇ー〇`)


ちなみに、
1年経ったお守りは「処分」ではなくて、
「お返しする」
とか
「返納する」
という言葉が適切です。

というのも、
お守りは「買った」ものではなく、
あくまでも
神様からのご加護を
「いただいた」り、
「お受けした」
ものなんですね。

なので、そのありがたいご加護を
「お返しする」
「返納する」
というのが正しい言い方なんです(´〇ー〇`)

お金を払うのは、神様からのご加護に対する
謝礼であると理解しましょう♪



広告


お守りを返納する方法

お守りを返納する方法は、

お受けした神社に直接返納するのが基本

です。

通常、
神社にはお守りを返納するための箱や場所が設けられている
のでそこに返納すれば大丈夫です(^∀^:)


もし、
お受けした神社から遠く離れた場所に住んでる場合
ですが、

こちらについても神主さんに聞いてみると、

神主さん:
「郵送していただければ大丈夫です」

私:
「返納の旨何かわかるようにした方がいいですか?」

神主さん:
「封筒の宛名の所に、
【返納希望】とか
【お焚き上げ希望】とか
書いていただければ結構です。
でも、何も書いてなくても大丈夫ですよ。」

「それより、
郵送していただくのもお手数なので、
お近くの神社にお持ちいただいて結構ですよ^^」

私:
「現金書留で返納料を送付した方がいいですか?」

神主さん:
「返納料などはありません。
お気持ちをいただくことになるので決まりはありません。
とにかく、お送りいただいたものは焚き上げさせてもらっています。」

と教えてくださいました。

さすが、神主さんは心が広いです。


ポイントは、
  • 郵送でも対応していること
  • 料金がかかるものではないこと
  • 近くの神社に返納してもいいこと

ということですね♪
違う神社にも返納できる?
もうおわかりですね^^

もし、お守りをお受けした神社が遠くにあって
直接返納できないときは、

お受けした神社とは違う神社に返納してもよい

というのが、
先に紹介した神主さんの見解でした。

まさか、
私が聞いた神主さんだけが広い心をもっている
なんてことはないでしょうから、
同じように神にお仕えする神主さんとして、
どこの神社でも同様の考え方だと思います(*´∨`*)
どんど焼きで返納

%e3%81%a8%e3%82%99%e3%82%93%e3%81%a8%e3%82%99%e7%84%bc%e3%81%8d


地方によって異なりますが、
だいたい1月中旬頃に
正月に飾った門松や注連縄(しめなわ)、
書き初めで書いたものなどを焚く行事として

どんど焼き

というものがあります。

このどんど焼きの際に、
門松などと一緒にお守りを焚いてもらうのも
返納方法の一つです。

これだとお守りを受けた神社とは違う神社でも
そこでやってるどんど焼きで焼いてもらえば大丈夫です(^ー^)b

護美(ゴミ)として出す

どうしても神社に行けなかったり、
郵送するほどの手間をかけたくない、
という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、
最後の手段として

少し気が引けますが、

護美(ゴミ)としてお守りを出す方法

を紹介します。

それは、

  • お守りにひとつまみの塩をふる
  • 半紙(なければ新聞紙でも)でお守りを包む
  • 護美(ゴミ)として出す

というものです。


それまであなたのために災厄を防いでくれたお守りを、
ひとつまみの塩で清めることで、
あとは護美として処理できるようになる。
という考え方に基づくものです。

基本は直接お受けした神社に返納することですから、
護美としての処理は最後の手段として考えておきましょう♪

お寺に返納できる?

神社でいただいたお守りをお寺に返納する
ということはできるんでしょうか?

こちらも神主さんに確認してみました^^

答えは、
神社のお守りは神道式でお焚き上げしたほうがよく、
神社に返納したほうがよい

とのことでした。

ただ、
神職や僧侶も、神・仏にお仕えする者なので、
返納されれば、どのようなお守りであれ
丁寧にお焚き上げする
とのことです。

しきたりをどこまで重要視するかということに
なるかもしれませんが、

お受けした神社に返納するのが原則

であることを考えると、
神社でお受けしたお守りは神社に返納したほうが
気持ち的にはスッキリしそうです♪

まとめ

いかがでしたか?
神社でいただいたお守りの返納時期や方法について
参考になったでしょうか。

古いしきたりを大切にしつつ、
柔軟に対応することがポイントかなと感じます。

実際、この記事に登場する神主さんも
「しきたりも大切ですが、
心を込めていただくことが一番大事」

だとおっしゃってました。

しきたりについて無知な私にとっては
大変勇気づけられる言葉ですヾ(。>v<。)ノ゙

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


広告