広告



あれ、うちの赤ちゃん便秘かも?

生後1か月くらいになると赤ちゃんの便秘に悩むママさんが増えてきます。





生まれてすぐの赤ちゃんは便秘知らず。

母乳を飲むたび、ミルクを飲むたびにウンチしてくれます。

でも、生後1か月もたつと便秘になるケースも。


授乳方法や回数も変わらないのにどうして?
赤ちゃんも便秘になるの?
どれくらい便が出ないと便秘なの?
赤ちゃんの便秘解消法ってある?

など、赤ちゃんの便秘やその解消法に関する悩みが尽きなくなります。


そこで今回の記事では、赤ちゃんの便秘解消法、なかでも綿棒浣腸の方法について、私の体験談を踏まえてご紹介したいと思います。

広告


赤ちゃんの便秘解消法


自宅でできる赤ちゃんの便秘の解消法には、大きく分けると3つの方法があります。

  • マッサージ
  • 水分摂取
  • 綿棒浣腸

の3つです。


マッサージは、お腹のマッサージやお尻のマッサージ、足のストレッチなどがあります。

どのマッサージも体の外側から刺激を与えて排便を促す方法です。


水分摂取の方法は、哺乳瓶で水分を飲ませます。

完全母乳で育児している場合は母乳をしっかり飲んでいれば水分が足りているといわれますが、それでも便秘になることも。

そうした時には、お風呂の後に白湯を飲ませたり、オリゴ糖入りの水分を飲ませるようにします。


そして、多くの人が耳にする「綿棒浣腸」という方法。

実はこの方法が一番効果があり、即効性があります。

病院でも勧められる方法なので、安心してできる便秘解消法です。

実際、我が家の子供3人とも、綿棒浣腸で便秘解消しましたヽ(*´∇`)ノ


最初は恐る恐るという感じでしたが、一番効果が見られたのが綿棒浣腸なんです♪

赤ちゃんの便秘解消には綿棒浣腸が効果的


これから綿棒浣腸が赤ちゃんの便秘に効果的な理由について説明していきます。

でもその前に、そもそも赤ちゃんはどうして便秘をするのか、気になりますよね。

赤ちゃんが便秘をする理由





なぜ生後1か月ほどの赤ちゃんが便秘をするのか、その理由にはいくつかの要素が関係しています。

  • 排便ペースの変化
  • 排便の力が弱い
  • 水分不足

主には以上の3つです。


排便ペースの変化


生後1か月を過ぎると、内臓の機能が整ってくるため、腸にウンチを貯めておくことができるようになります。

そうするとウンチの回数も減り、排便ペースが決まり始めます。

でも、内臓が出来上がっていないため、排便ペースが確実に決まらないんです。

そのため、溜めているウンチを出すのが長くなってしまうことが起こります。

そうすると、前回の排便から3日以上出ないということもあるんです!Σ(×_×;)!


排便の力が弱い


これは、排便のための腹圧をうまくかけられないために便秘になるということです。

便を出すためには筋力が必要ですが、その筋力が弱いのが原因です。

腹圧をかけるには腹筋を使いますが、その腹筋は1歳までの間に鍛えられるといわれています。

生後1か月くらいだとまだまだその筋力が弱いです。

そのため、便を溜めることができてもうまく出すことができなくて便秘になってしまいます。


水分不足


ウンチをスムーズに出すためには水分が欠かせません。

水分が足りないと便秘になりやすくなります。

もちろん、赤ちゃんは母乳で水分が足りると考えられてるんですが、それでも水分不足になってしまうことがあるってことなんです。

これはミルクでの育児でも同じです。

というのも、赤ちゃんの代謝はとてもよく、汗もかきやすいので水分が失われやすいから。

お散歩に行った後やお風呂に入った後には特に水分不足になりやすいため、上手に水分補給をする必要があります。

綿棒浣腸が便秘に効果的なのは?


水分不足が便秘の原因なら、お白湯などで水分を摂ることが便秘解消の近道です。

排便ペースの変化や排便力が弱いことが便秘の原因なら、「綿棒浣腸」が効果的です。



で、どうして綿棒浣腸が効果的なのかですが、

人は本来、便が直腸に運ばれてくると、その刺激が脳に伝わり排便がうながされます。

でも、生後1か月の赤ちゃんではその機能が完全には出来上がっていません。

一方、人は、便がたまっている状態で肛門や肛門付近を刺激されると、その刺激が脳に伝わることによっても便意を感じます。

そうした人の性質を利用して、綿棒で肛門に刺激を与えることで強制的に脳へ指令を送るようにしているんです。

綿棒浣腸はクセになる?


綿棒浣腸をすると、

「クセになるんじゃないの?」

と心配になる方もいらっしゃいます。


でも、綿棒浣腸がクセになることはありません。

その理由は、綿棒浣腸は、肛門を刺激することで、脳を含めた排便の機能を強化するという、赤ちゃんの今後の成長を助けるためのものだからです。

生後1か月頃はだんだんと排便ペースを自分で作っていく時期であり、これから成長するにつれ脳からの指令もしっかりと出せるようになります。

また、ウンチを出すためのお腹の力は1歳ころまでにはしっかりと鍛えられるものなので、そのころになると綿棒浣腸なしでも自力で排便できるようになります。

それがわかるだけでも安心してできますよね(*´∨`*)


広告


具体的な綿棒浣腸の方法


綿棒浣腸の効果がかわったところで具体的な綿棒浣腸の方法をご紹介します。

綿棒浣腸のために準備するもの


綿棒浣腸をするのに準備するものをまとめます。


綿棒


大人用の綿棒を準備します。

赤ちゃん用の綿棒だと細すぎてうまく刺激になりません。

また、大人用の綿棒よりも硬いので直腸を傷つけてしまう恐れがあります。

安全性を高めるためにも大人用の綿棒を使うようにしましょう。

さらに、大人用の綿棒の先端の綿を少しほぐして体に優しくして使うようにします。


ベビーオイル


これは潤滑油の役割をしてくれます。

肛門や肛門付近を傷つけないために必要なものです。

ベビーオイルのほかに、ワセリンやオリーブオイル、サラダ油でも代用できます。

ハンドクリームやボディークリーム、乳液などでも代用できるので家にあるものを準備しましょう。


新聞紙やおむつ替えシート


綿棒浣腸をすると高確率で排便してくれます。

おむつを当てる前に新聞紙やおむつ替えシートで受け止めてあげましょう。

水分の含んだウンチが勢いよく出ることもあるため、赤ちゃんを寝かせるところに敷いておくようにします。

ペットシーツでも代用できます。

個人的にはペットシーツのほうが後片付けが簡単でした(人´∀`*)



プラスαの準備として、

替えのおむつや、服が汚れたときのためにお着替えを近くに準備しておきます。

綿棒浣腸の方法


では綿棒浣腸の方法です。

まずは綿棒浣腸の前準備をしましょう。


赤ちゃんを仰向けに寝かせる


赤ちゃんの下に新聞紙などを敷いておきます。

お尻だけ出した状態にして上半身は服を着せておきましょう。

肌着がロンパースの場合には、股の部分をしっかりとまくっておくと汚れずに済みます。

室内の温度は25度くらいが適温ですが、必要であればバスタオルなどで保温します。

両足をM字にもってお尻を広げる


なるべく肛門付近を広げるように足を持ちましょう。そうすることで綿棒が入りやすくなります。


次に実際に綿棒浣腸をします。


大人用の綿棒をしっかりほぐし、綿棒の3cmくらいまでオイルなどを塗ります。
(たっぷり塗ってしっかりと湿らせましょう。)

全体として小さじ2~3ほどの量を使うとしっかりと湿らせることができます。
(クリームの場合は小指の先2回くらいの量を使いましょう。)

綿棒だけではなく肛門付近にもオイルを塗っておくとよりスムーズに綿棒を入れることができます。


肛門へ入れる時には、湿らせたほうをゆっくりと肛門へ入れていきます。

最初は綿棒の綿の部分が入った段階でストップします。

そのまま円を描くように綿棒をクルクルと回します。

ゆっくりを回すことで刺激をしっかりと与えましょう。


この時にお腹をさすってあげるとさらに効果が高くなります。
(「の」の字マッサージについては後ほど解説します。)


15秒くらいクルクルしたら次にもう少し深めに入れます。

オイルを塗ったところまで、つまり綿棒の先から3cmくらいまでで止めておきましょう。

3cmくらいまで入れたら、また円を描くように回します。

この時、1cmくらいの円を描くように回しましょう。

こうすることで肛門が広がり、排便しやすくなります。

ウンチを出すというよりは「肛門を広げる」という感じでクルクルしていきましょう。

同じところをクルクルするのではなく、回しながら出し入れする感じで刺激を与えると、肛門・肛門付近・直腸にしっかりと刺激を与えることができます。

深めに入れるのは10~15秒くらいにしておきます。


1回の綿棒浣腸をする時間は大体30秒くらいです。

それ以上の時間やってしまうと、オイルが乾いてしまい肛門や直腸などに傷がついてしまうので、長い時間はやらないようにします。

綿棒でのマッサージが終わったら綿棒を抜き、下腹部を上から下に軽く押してあげます。

そうすると、赤ちゃんの排便を上手にサポートすることができます。

綿棒浣腸のタイミング


便秘が習慣化して長く続くほど、便が出にくくなります。

そこで、便が2日出なかったら綿棒浣腸を実践、それでも出なければ4日目に病院を受診、というタイミングが良いと思います。


我が家の息子の場合は、3日以上未排便ということはありませんでしたが、未排便3日目は機嫌がとても悪かったように思います。

娘は便秘がちで4日出ないということもありました。

2日に1回のペースで綿棒浣腸をして排便させるようにしていました。

「の」の字マッサージで綿棒浣腸の効果が高まる?


「の」の字マッサージと綿棒浣腸はセットで紹介されることも多いです。

これは「の」の字マッサージをすることで綿棒浣腸がより効果的になるからです。

「の」の字マッサージのやり方

お腹の左下腹部から肛門にかけて「の」の字を書くように時計回りに行う。

反射で腸が動きやすい食後30分くらいにするのがオススメ。


お腹を「の」の字にマッサージすることで便が肛門付近へ動き、排便しやすくなります。

綿棒で肛門を刺激し、「の」の字マッサージで溜まっている便を肛門付近へ移動させるというイメージでマッサージするとより効果が出やすくなるんです。

綿棒を使うのがどうしても怖い時





効果があるとはいえ、赤ちゃんに綿棒を入れるというのがどうしても怖いという場合もありますよね。

私も最初はそうだったのでよくわかります。

でも便秘は解消してあげたい。

そんな時におすすめなのは、肛門マッサージです。

直腸を刺激することはできませんが、肛門へ刺激を与えることで排便を促すことができます。


赤ちゃんを仰向けに寝かせて足を広げます。

肛門や肛門付近を指で軽く押してマッサージをします。

その時に小さな円を描くようにマッサージするとより刺激が与えられます。

お腹のマッサージも一緒に行うとより排便しやすくなるので効果がありますよ^^

まとめ


いかがだったでしょうか?

赤ちゃんの便秘解消法である綿棒浣腸の効果ややり方についてはお分りいただけましたか?


生後1か月くらいの赤ちゃんは成長の発展途上です。

その過程で便秘を経験するかもしれません。

綿棒浣腸をすることで、上手に便秘を解消しながら、体に負担なく排便ペースづくりを助けてあげることができます。


最初は怖いですが、ぜひやり方を覚えてやってみましょう。

それでも便秘が解消できない場合は、無理をせず病院へ連れて行ってあげてくださいね。

赤ちゃんのためにもくれぐれも無理は禁物です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告