広告



すっかり晩秋のイベントとしてハロウィンが定着してきましたね。


それとともに、世のお母さん方の悩みも増えたのではないでしょうか。


ハロウィンの衣装の問題です。


%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3_%e8%a1%a3%e8%a3%85


通販の衣装セットを購入すると何千円としますが、念に1回のハロウィンだし、子供の背が伸びると着れなくなるし、購入するのはちょっと・・・

とか、

安くあげるために手作りって方法もあるけど、裁縫とか苦手なのよね・・・

とか、悩ましい問題が出てきます。


特に女の子は小学生ともなると好みもうるさくなってきます。

余計に頭を悩ませますよね。


そこで、この記事では、裁縫が苦手なお母さんにもできるかわいいハロウィンの子供用衣装を簡単に作る方法を紹介していきたいと思います。

それではさっそく行ってみましょう♪


広告



ハロウィン子供用の定番衣装はこれ!【女の子編】


手作りできる衣装には、ディズニーのキャラクターのコスプレなどもありますが、ここでは、昔ながらのハロウィンパーティーで使われるような定番の衣装について紹介します。

ハロウィンで人気の定番衣装


%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3_%e9%ad%94%e5%a5%b3


定番の衣装で女の子向けの人気のものといえば、次の2つがあげられます。


  • 魔女

  • 黒猫


ホントど定番ですけど、外さない衣装ですね(^_^)

衣装を決める際に注意したいこと


最近はハロウィンのイベントがコスプレするためのイベントへと変わりつつあります。

でも、もともとハロウィン特有の衣装は、人々が地上をさまよい歩く魔物を恐れたために、その魔物と同じ格好をして魔物の中に紛れ込んで災いを避けようとしたことに端を発すると言われています。

なので、ハロウィンでのコスプレというのは少し本来の趣旨とは違うんですよね。


もちろん、ハロウィンでどんな格好をするかは自由なんですが、他のイベント参加者の衣装の雰囲気も事前にリサーチして、子供さんが他の参加者から浮きすぎることがないように対応したいところです。


そうした本来のハロウィンの趣旨もふまえて、どんなハロウィンイベントでも間違いのない定番の衣装を手作りする方法を以下紹介します。

子供用衣装を簡単に手作りする方法


それでは、人気の子供用衣装を手作りする方法を紹介していきますね♪

魔女


魔女といえば、最近では「魔女の宅急便」の主人公・キキのコスプレのイメージが強いかもしれません。

でも、こちらの記事では、あくまでオーソドックスな魔女を紹介となります。

で、定番の魔女といえば、


  • とんがり帽子

  • マント

  • ワンピース(黒)

  • タイツorレギンス(黒)

  • くつorブーツ(黒)


がど定番の衣装です。



定番衣装の中で手作りしてもらうのは、

  • とんがり帽子

  • マント

  • の2つになります。


    広告



    とんがり帽子を作る方法


    用意するものは、


    • フェルト生地2枚(黒・40㎝〜50㎝の正方形)

    • ハサミ

    • ボンド(手芸用がオススメ)

    • メジャー(定規でもオッケー)

    • 紙皿(15㎝〜25㎝)

    • テープ


    となります。


    160928-0001
    160928-0002
    160928-0003
    160928-0004
    出典:http://kids.nifty.com/handmade/handr/hat/

    ミシンも不要で、ボンドとハサミだけで出来ちゃいます!

    お好みに合わせてリボンを巻いたりするのもオススメです(^_-)-☆

    リボンの色は次の項のマントのリボンと合わせるのいいですよ♪

    マントを作る方法


    用意するものは、


    • 生地(黒・肩はばの2倍くらいの正方形)

    • リボン(生地+60㎝の長さ、幅はお好みで)

    • ハサミ

    • ボンド(手芸用)

    • テープ

    • 割りばし

    • メジャー(定規でもオッケー)


    となります。


    160928-0005
    160928-0006
    出典:http://kids.nifty.com/handmade/handr/hat/

    黒のマントに、ジャックランタンをかたどったアップリケを貼り付けたりしてアレンジもできますね(^_-)-☆

    黒猫


    定番の衣装としてもう一つ。


    黒猫です。


    黒猫の衣装で必要なものは、


    • カチューシャで作った猫耳

    • しっぽ

    • 長袖Tシャツ(黒)

    • 短パン(黒)

    • タイツorレギンス(黒)

    • くつorブーツ(黒)


    がど定番の衣装です。


    定番衣装の中で手作りしてもらうのはもちろん、

  • カチューシャでつくった猫耳

  • しっぽ

  • の2つになります。

    カチューシャで猫耳を作る方法


    用意するものは、



  • フェルト生地(黒・20㎝×30㎝)

  • ハサミ

  • カチューシャ(黒)


  • 糸(黒)

  • 両面テープ


  • となります。


    160928-0007
    160928-0008
    160928-0009
    160928-0010
    160928-0011
    出典:https://mono-siri.com/9261


    少しだけ針と糸を使っちゃいますが、フェルトを縫い合わせるだけなので裁縫が苦手なお母さんでも全く問題ありませんよ。

    手芸用ボンドで対応できればいいんですが、耳の生地をひっくり返すときに不安が残ります(^_^;)

    でも、一度試してみるのもアリですね。

    黒猫のしっぽを作る方法


    用意するものは、


    • フェルト生地(黒・10㎝×50㎝)

    • ゴム3㎝幅(子供のウェストサイズに合わせて)

    • マジックテープ

    • 手芸綿

    • 針金


    • 糸(黒)


    となります。


    160928-0012
    160928-0013
    160928-0014
    160928-0015
    160928-0016
    160928-0017
    160928-0018
    160928-0023
    160928-0020
    160928-0021
    160928-0022
    出典:https://mono-siri.com/9261

    こちらは少しだけ手間と難易度がここまで紹介してきたものよりかかりますね。

    それでも手作り衣装にしては、かなり簡単な方法です。

    全体を黒でコーディネートすれば、本当に可愛い子猫ちゃんになるので、ちょっとだけ頑張って作ってあげてくださいね♪

    まとめ


    いかがだったでしょうか。

    特に魔女の衣装については、針も糸も不要なので、裁縫が苦手なお母さんにも是非オススメです。

    毎年この時期はハロウィン衣装で頭を悩ませることになると思いますが、そんなあなたのお役に立てれば幸いです。

    この記事を参考にハロウィンイベントを楽しんでくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました。


    広告