広告



7歳にもなってまだおねしょするなんて!


って子供さんを責めたりしてませんか?





おねしょ対策の有効な方法に悩むご家庭って意外に多いと思います。


実は我が家も7歳の子供がいるのですが、おねしょがひどくて悩んでました。


正確には今も悩んでいます。


でも、最近徐々にではありますが、おねしょが減ってきています。


そこで、まだまだ途中経過ではありますが、同じ悩みを抱えたあなたの参考になればと、状況をシェアさせてもらいますね。


それでは、7歳のこどもに医者がすすめるおねしょ対策の方法をみていきましょう(^_^)

広告



おねしょ対策に詳しい小児科医がすすめる実践法


おねしょ対策として色々と家庭で試したこともあると思います。


我が家でもできるだけ寝る前に水は飲まない、とか、寝る前におまじないを唱えるとか、やってみたんですが全く効果は出ませんでした。


病院に行くべきかすごく悩んだんですが、うちの子の場合は、お昼のおしっこの失敗も多々あったので、何かの病気だったらいけないと思い、地元では評判の、おねしょ対策を考えてくれる小児科医を訪ねることにしました。


小児科の先生によると、ここに来れば8割方おねしょは治るということでした。





またお昼のおしっこの失敗については、


  • まずおねしょを治すことから優先しましょう

  • おねしょの対策はお昼のおしっこ対策にもなります


  • と言われました。


    で、先生によるとおねしょが治らない原因は病気の場合もあるけど、ほとんどが水分の取りすぎとのことでした。


    例えば、うちの子は体重が22キロほどありますが.膀胱のキャパは110cc程度だとのこと。



    およそ体重の5パーセントが膀胱の大きさってことになります。


    一般に、体重1kgあたり7ml以上とも言われているようですが、小児科医の先生によるとそういうことでした。


    ただ、先生は、22kgの子供で膀胱の我慢できる量は150ml程度と言われていたので、そういう意味では体重1kgあたり7mlが膀胱の大きさということと合っています。


    また、摂取した水分の8割は3時間程度でおしっこになるということでした。


    単純に言えば、寝る3時間前からは膀胱のキャパを超える水分を取っちゃダメだってことですね。


    じゃあ、わが子の場合、3時間前からどのくらいの水分をとってるのか?


    と、先生に聞かれます。


    すると意外や意外、軽く300ccは超えてるんです。





    というのもうちの場合は夕ご飯を食べてから2時間から3時間経ってから寝るような生活リズムなので、夕食時って結構水分をとりますし、夕食を食べてからのお風呂上りにも水分をとらせてたので、積み重ねると結構な量になってたんです。


    寝る前にはできるだけ水分をとらせないようにしてたつもりだったんですが(^_^;)


    先生からの指導は簡単。


  • 夕食時にコップ一杯飲んだらあとは飲まない!

  • お昼時におしっこを我慢させてお尻の筋肉を鍛えること

  • 寝る前には必ずトイレに行くこと

  • 朝起きたらオムツにどれだけおしっこしたのか計りで確認すること

  • 朝イチのトイレで出すおしっこの量を計量カップで計ること

  • 毎日オムツと朝イチのおしっこの量を記録すること

  • 以上の指示を受けました。


    おしっこの量を計量して記録をつけるのは、おしっこの量イコール水分量なので、前の晩に飲んだ水分量が明らかになるからです。


    ちなみにオムツの計量は料理用のメジャーを使い、オムツをビニール袋に入れてからメジャーに乗せて計ります。


    小児科からはおしっこの量を記録するためのプリントをもらいます。


    見事おねしょしなかった朝には、花マルの印を入れていきます。
    (失敗した日は「×」です。)

    広告



    家でのおねしょ対策の実践





    病院に行ってから1週間が経とうとしたところです。


    わが家では、お昼時におしっこを我慢させてお尻の筋肉を鍛えること以外は今のところ全て実践しています。


    家にいる時におしっこを我慢させるのは、失敗した時が大変です。


    わが家には7歳のお兄ちゃん筆頭に、子供が3人いてるので、お兄ちゃんのおしっこ失敗の後のフォローは大変なんです。


    その代わり、先生から指示されたその他の事項についてはきっちり実践しています。


    特に、夕食時からの水分制限については徹底してますね。


    まだ先生からの指示を実践するようになって1週間です。


    でも、今までにない効果が出ています。


    現在のところ4日連続でおねしょしてません!


    こんなことって今までになかった奇跡です(>_<)



    まだまだこれからですが、やっぱり寝る前の水分摂取がおねしょの原因の大きな要因だったのでしょうか。


    今のところは水分制限だけでうまくいっています。


    私たち親も7歳の息子がおねしょしなかったらうれしいのですが、一番喜んでるのは本人です。


    自信もつくんだと思います。


    何をするにしてもグズグズだったんですが、少しお兄ちゃんになってきてる気がします(●^o^●)

    まとめ


    まだわが家のおねしょ対策は始まったばかり。


    でも実践1週間足らずで、今までにない効果が表れてることは確かです。


    シンプルだけど水分制限だけでうまくいってるなんて不思議な気もします。


    これからも息子とともにおねしょ対策にチャレンジして、状況報告させてもらいますね。


    その時には、もう少しおねしょの原因と対策に関する方法を、詳しく落とし込んで記事にしてみたいと思います。


    ご期待ください。


    あなたの子供さんのおねしょ対策の一助になれば幸いです。


    もしこの記事を参考にしてうまくいったらメッセージくださいね。


    最後までお読みいただきありがとうございました。




    広告