広告



夏になると気になるのが夏バテ。


暑いだけなのに、なんだか体がダルくて食欲もない。


どんどん体力も減っていく~!


という方は多いと思います。


AdobeStock_84901075


夏バテの解消には、十分な睡眠や入浴方法の工夫が大切なことはもちろんです。


でも、さらに食べ物に気をつけることでも夏バテの解消にグンと近づいたりするんですよ。


そこで、この記事では、夏バテ気味で体調不良のあなたのために、夏バテを解消できる食べ物をシェアしていきましょう♪


夏バテとお風呂の関係についてはこちらの記事をご覧くださいね。
>>>「夏バテを解消するにはやっぱりお風呂!ぬるめのお湯が効果抜群♪」

広告


夏バテを食べ物で解消する方法


夏バテを食べ物で解消する方法を説明する前に、「なぜ夏バテは起きるのか?」について知っておきましょう。

夏バテの原因


夏バテと言えば、


  • 食欲不振

  • 全身がダルい

などの症状が特徴的ですよね。


で、その夏バテの原因というのは暑さそのものじゃないんです。


実は、「暑さによって引き起こされる私たちの色んな行動」が原因になってるんです。


例えば、


  • 過剰な温度変化への対応

  • 冷えたものを食べたことによる胃腸の弱り

  • 発汗によるミネラル不足

なんかがあげられます。


まず、「過剰な温度変化への対応」について。


夏って、暑~い外から急にキンキンに冷えたお店や部屋に入ることが多いですよね。


でも、急激な温度変化は体にすごくストレスになっちゃいます。


というのも、体温調整を行っている自律神経が急激な温度変化の対応のためにへばっちゃうんですね。


結果、自律神経のバランスが崩れて全身の機能をうまく調整できない状態になって、食欲不振やダルさを生じさせてしまうっていうわけです。


次に、「冷えたものを食べたことによる胃腸の弱り」です。


夏って暑いから、ついかき氷やアイスなどをたくさん食べてしまいますよね。


でも、冷たい物って、当然のことながら胃や腸を冷やしちゃうんですね。


胃や腸も体の一部ですから、温めると機能は高まるし、冷やすと機能は低下します。


なので、冷たい食べ物を食べた結果、胃腸が弱り食欲不振に陥って、十分なエネルギー補給ができず夏バテになってしまうんです。


最後に「ミネラル不足」です。


ミネラルはカルシウム、亜鉛、カリウムなど体の調整機能に必要な栄養素の総称ですが、ミネラルが不足すると、食欲不振や、筋肉のけいれんを招いたりするんです。


ところで、夏は汗をたくさんかきますよね。


で、このミネラルなんですが、汗から流れ出やすい性質があるんです。


しかも、ミネラルは体内で作ることはできません(lll ̄□ ̄)


ですから、汗をかいたままでいるとすぐにミネラル不足になって体調を崩し夏バテして、ダルさや食欲不振を起こしやすくなってしまうんです。


広告


夏バテで不足しがちな栄養素


夏バテにつながってしまう、夏に不足しがちな栄養素は、


  • ミネラル

  • タンパク質

  • ビタミン(特にビタミンB1、ビタミンB2)

です。


ミネラルは先ほど述べたように、汗で流出しやすいです。


また、夏はこってり系よりもそうめんなどのあっさりしたものが食べたくなりますよね。


でもあっさりしたものばかり摂取していると、疲労回復に良いタンパク質が不足しがちになってしまいます。


そうめん

ミネラルと同じく体の調子を整えるビタミンも足りなくなります。


ビタミンの多くは体では作ることができない栄養素なので、食事でとるしかありません。


意識してとらないと、すぐにビタミン不足になってしまいます。
 

夏バテを解消する食べ物


でも、逆に考えると、これらの栄養素を摂取できれば夏バテは解消しやすくなります。


だったら、できるだけ夏バテ解消につながる食べ物を効率よく食べたいですよね!


じゃあどんな食べ物にたくさん含まれているのでしょうか?


ミネラル:焼き海苔、カットワカメ、納豆


ミネラルが多く含まれているのは焼き海苔やカットワカメ、納豆です。


なんだか日本人の基本的な朝食メニューに全部でてきそうですよね。


日中は暑くて食欲がないかもしれませんが、朝に朝食として摂れればいいですね。


タンパク質:肉(豚肉、鶏肉、牛肉)卵、豆腐、枝豆


タンパク質が多く含まれているのはまず肉です。


特に豚肉には、タンパク質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1も一緒に多く含まれているので、効率よくタンパク質を摂取することができます。



卵は「完全栄養食品」と呼ばれるほど様々な栄養を含んだ食品

です。


タンパク質は勿論の事、ビタミンやミネラルなど人の体に必要な栄養素はほとんど含まれています。


豆腐もタンパク質豊富な大豆から作られていますから、食べた方が良い食品です。


枝豆も実はすごく優秀な食品で、豆のタンパク質とミネラル、ビタミン、鉄分など野菜系の栄養素が両方いっぺんにとれる食べ物です。


夏はおつまみにもよく枝豆が出ますから、食べやすい食べ物ですね。


ビタミン

  • ビタミンB1:豚肉、大豆、昆布

  • ビタミンB2:レバー(豚、鳥、牛)、焼き海苔

ビタミンの中でも、夏バテに特に良いのがビタミンB1、2です。


ビタミンB1は摂取した糖分をエネルギーに変えやすくし、疲労回復を促してくれます。



疲れを感じるのは体に乳酸が溜まっている証拠ですが、ビタミンB1はその乳酸をきれいに運び出す役割も果たしてくれます。


ビタミンB1が多く含まれているのは先ほども紹介した豚肉です。


それから大豆にも多く含まれているので、大豆から作られている豆腐、納豆、きなこなどを食べると良いですね。


昆布にも入っています。


ビタミンB2は脂質をエネルギーに変えやすくしてくし、疲労回復を促しくてくれます。



ビタミンB2が多く含まれている食べ物はレバーです。


レバーには他にも鉄分やビタミンAなども多く含まれ、体の抵抗力をあげてくれますので夏にはうってつけです。


また焼き海苔にもビタミンB2は多く含まれています。


ミネラルも入っているので、ちょっとしたおやつに食べると良いですね。

夏バテを食べ物で解消するためのメニュー


夏バテを食べ物で解消しましょう。簡単なレシピをご紹介します!

豚カレー

暑いときは熱いものを!


ビタミンB1を多く含んでいる豚肉をメインにしたカレーで、夏バテを予防します。


鶏肉と大豆のスープ

鶏肉のタンパク質と、大豆のビタミンで夏バテ防止に。


味つけはコンソメキューブでOKです。


スープにすることで飲みやすくし、温かい飲み物で胃腸の負担を減らします。


フルーツスムージー

zumo de frutas

果物や野菜をミキサーで混ぜてシェイクすればできあがり。


果物や野菜にはもれなくミネラル、ビタミンが含まれていますので、夏バテにはぴったりですね。

さいごに


夏バテってホント辛いですよね(>_<)


だからこそ、毎年のことだから仕方ないか~と諦めるのは早い!


ちょっと意識を変えるだけで夏バテは解消できますよ。


ぜひこの機会に、体に優しい食べ物を食べて夏バテとさよならしちゃいましょう♪

広告