広告



肌がきれいになる食べ物ってないかな〜?


最近、お肌ザラザラだし、小さい吹き出物もあるし・・・


洗顔やクリームとかの外からのケアじゃなくて、時間がかかっても体の内側から肌をきれいにしたいのよね・・・


とかお悩みではありませんか?


肌が気になる女性

わかります、その気持ち。


私がそうでしたからσ(^_^)


仕事で頑張ったご褒美と称して肌にいけないことをいろいろやってました(^_^;)


スナック菓子

スイーツ

脂っこい食べ物

などなど


そんな私がお肌と食べ物との関係について学び、努力した結果、今では肌美人!?


とまではいきませんが、


「肌きれいだよね?」


と言われるぐらいまでにはなることができました(^_^)V


そこで、かつての私と同じ悩みを抱えているあなたのために、私が学び、経験した肌がきれいになるための食べ物の理論と方法を惜しげもなく披露させていただこうと思います♪


広告



食べ物でどうして肌がきれいになるの?


食べ物と肌の健康ってやっぱり関係があるんでしょうか?


基本的なところなんですが、ここ重要なポイントなのでしっかり押さえておきましょう。


言うまでもなく、内臓・血液・骨・皮膚など体を構成するすべてのものは毎日食べているものから作られます。


つまり、今のあなたの体は、昔あなたが食べたものから作られているということ。


今、肌荒れ、吹き出物、薄毛や体臭など自分の体で気になる部分があるとしたら、それは過去の自分の食べたものと強く関連あるということなんです。


そう考えると、「頑張ったご褒美♪」と言って口にしようとしている食べ物は、自分の健康や美容にとって大丈夫?っていう視点が生まれますよね。


身体を作る大事な働きをする食べ物の選択を誤ると、


  • 腸内環境の悪化


  • 陳代謝の乱れ


  • 抗酸化物質の不足


を体内で引き起こすことになります。


体内でこれらの問題が起きると、体の中で最も影響が表れやすい場所である皮膚に肌荒れや吹き出物として表れてしまうんです(T_T)


でも逆に言えば、

・腸内環境

・抗酸化

・新陳代謝


の3つを整えることができる食べ物を摂取すれば肌をきれいにすることができるってことなんです♪

食べ物が体内に与える影響


じゃ、具体的に食べ物は体内にどんな影響を与えるんでしょうか?


例えば、体に良くない食べ物の代表格って、


  • スナック菓子やスイーツなどのおやつ

  • レトルト食品

  • インスタント食品

  • ファストフード

などがあげられます。


どうしてこれらが体に良くないのかっていうと、ズバリ、食品添加物が多く使われているからなんですね。

腸内環境への影響


食品添加物は、食料保存や見た目を良くするためなど様々な目的で使われています。


でもこの食品添加物は腸内に存在する善玉菌をやっつけてしまうんですね(lll ̄□ ̄)


そうすると悪玉菌が優位となって腸内の細菌バランスが崩れてしまいます。


ちなみに、お肉の食べ過ぎも悪玉菌が優位となる原因の一つです。


なんたって、動物性たんぱく質は悪玉菌の好物ですからね。


そして、悪玉菌が優位となり、腸内環境がバランスを失ってしまうと、

  • 悪玉菌が腸内でアンモニアなどの体に有害な物質を発生させる。

  • 排便を促す腸のぜん動運動などの腸の機能が低下し便秘なりやすい。

  • 便という腐敗物を溜め込んだ状態で悪玉菌がさらに増殖する。

  • 腸に多く存在する免疫細胞の機能が低下する。


など、体に大きな影響を与えます。


だから腸内環境にとって食べ物ってすごい重要なんですね。

抗酸化作用への影響


スナック菓子やスイーツに使われている油は、空気に触れて酸化しているので体に良くありません。


油は加熱すると変質して、動脈硬化や生活習慣病に大きく関係している成分のトランス脂肪酸を発生させます。


また、スナック菓子やスイーツで使われた油は変質・酸化し、それらは口に入れ体内に入ってからも酸化し続けます。


つまり、酸化した油を食べることで体内の酸化もどんどん進み、自力での抗酸化も追いつかなくなっちゃうんですね。


抗酸化作用を邪魔しちゃう、という点からも食べ物の影響は大きんです。

新陳代謝への影響


スナック菓子やスイーツなど糖分の多い食べ物や脂身の多い肉、インスタント食品等を食べることで血液中の中性脂肪やコレステロールが増えます。

すると、血液がドロドロとなって流れが悪くなります。


そして、血液の流れが悪化すると隅々まで栄養が行き届かなくなり、臓器等の働きや新陳代謝のリズムが乱れます。



食べ物は新陳代謝にも栄養を与えるんですね。

広告



食べ物で体の内側から肌をきれいにしよう♪


じゃ、具体的にどんな食べ物を食べれば体の内側から肌をきれいにしていくことができるんでしょう?

腸内環境を整えて肌をきれいに!


まず、きれいな肌のために最も重要なのが腸内環境です。


先ほど紹介したように、悪玉菌が増えると悪玉菌が腸内でアンモニアなどの体に有害な物質を発生させます。


で、その有害物質が腸内で腸壁から吸収され、血液に乗って全身に行き渡ります。


そして最後に有害物質は皮膚から体外へ排出されるんですね。


それが肌荒れや吹き出物の原因となるんです。


だからまずは腸内環境を整えることから始めましょう♪

ちなみに、善玉菌が増えて腸内環境が良くなれば、便秘は解消されるし、おならや便のニオイもそれほど臭くなくなりますよ。

普段の自分のおならや便のにおいチェックも腸内環境を外から知る大きな手掛かりとなるので、ぜひ行うようにしましょう(*^_^*)

腸内環境改善におすすめの食べ物


腸内環境を改善するには、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食べ物を摂取する必要があります。


ここで気をつけたいのは、食べ物から摂取した乳酸菌は腸内に長くは止まらないこと。


そこで、摂取した乳酸菌を腸内で増やすという視点も重要になってきます。


例えば、善玉菌はオリゴ糖や食物繊維が好物なので、乳酸菌の入ったヨーグルトとオリゴ糖や食物繊維が含まれるバナナをあわせて食べるとより効果的なんです。



乳酸菌などの善玉菌を多く含む食べ物と善玉菌を増やしてくれる食べ物を食べる、という視点が大切なんですね(^_-)-☆


善玉菌を多く含む食べ物

  ヨーグルト、チーズ、味噌、醤油、漬物、納豆、キムチ

善玉菌を増やす食べ物
  • オリゴ糖を多く含む食べ物

  • 果物では、りんご、バナナ、ぶどうなど

    野菜では、玉ねぎ、キャベツ、ジャガイモ、ごぼう、アスパラガス、ニンニクなど

    調味料等では、味噌、醤油、みりん、はちみつなど

  • 食物繊維を多く含む食べ物

  • 切り干し大根、サツマイモ、ごぼうなどの根菜類、ワカメなどの海藻、きのこ、アーモンド、アボガド、オクラなど
     

やっぱり和食が一番!


やはり理想的なのは日本食。


白飯に味噌汁、納豆、筑前煮、海藻サラダ、果物などの献立は上記の腸内環境を改善してくれる成分を含んだ食材をふんだんに盛り込んでいます。


毎日理想的な栄養バランスで食べ続けることは難しいかもしれません(^_^;)


でも、腸のコンディションを改善するためになるべく上記のような食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

抗酸化作用で肌をきれいに!


肌が酸化すると?


  • コラーゲンを固くして肌の弾力が失われ、ハリが無くなり、しわができやすくなる。

  • 活性酸素がメラノサイトを攻撃にし、シミができる。


など、いわゆるエイジングサインが出やすい状態になってしまいます。


イメージで言うと、カットしたリンゴがしわしわになり赤茶けてくるような事態が肌に起こっているんですねヽ(#゚Д゚)ノ


そこで、次に考えたいのが、体の酸化を防ぐ抗酸化作用の面から肌をきれいにする方法です。


人は誰でも年齢を重ねれば重ねるほど活性酸素が体内で増加して体が酸化し老朽化していくことでお肌も劣化していきます。


その酸化を止めるのが「抗酸化作用」のある食べ物です。

抗酸化作用のある食べ物


抗酸化ビタミンやカロテノイド、ポリフェノールは、活性酸素を取り除く働きがあるのでぜひとも積極的に摂りたい食べ物です。


その成分によって対抗できる活性酸素の種類が異なるので、様々な抗酸化ビタミン・カロテノイド・ポリフェノールをバランスよく摂取するようにしましょう。

  • ビタミンCやEなどの抗酸化ビタミンを含む食べ物・・・柑橘類、緑黄色野菜、ナッツ類、うなぎなど

  • リコピンやβカロテンなどのカロテノイドを含む食べ物・・・トマト、スイカ、グレープフルーツ、人参、かぼちゃなど

  • カテキンやゴマグリナンなどのポリフェノールを含む食べ物・・・お茶、りんご、ブルーベリー、ぶどう、ゴマなど


飲み物も意識して


高い抗酸化作用を持つポリフェノールは、食べ物だけでなく飲み物から積極的に摂取するのもおすすめ。


お茶のほかにワインや紅茶・コーヒー、リンゴジュースなどにも多く含まれてますよ♪


新陳代謝を整えて肌をきれいに!


肌は常に生まれ変わっています。


いわゆる新陳代謝(ターンオーバー)っていうものですね。


新陳代謝のサイクルは一般的におよそ28日周期といわれてます。


でも、これは健康な10代〜20代の話。


年齢とともにそのサイクルは長くなります。


30代でおよそ31日間


40代でおよそ35日間


50代でおよそ40日間


とどんどん伸びていくんですね(TдT)


新陳代謝は血行不良や栄養不足、生活習慣の乱れなどの要因により乱れます。


そして、新陳代謝が乱れると、肌が不十分な成長のまま剥がれ落ちたり、古い肌が剥がれ落ちずにずっと残ってしまうなどします。


それが、肌荒れやくすみ、しみなどさまざまな肌トラブルを起こすんですねヽ(*´Д`*)ノ


なので、きれいな肌のためには、新陳代謝を活発にする食事を摂ることも大切なんです♪

新陳代謝を活発にする食べ物


以下の食べ物を単一でなく、バランスよく摂取するようにしましょう♪

1食で10品目を目指しましょうね。


 
  • 肌の生まれ変わりを促進させるビタミンA・・・にんじん、かぼちゃ、レバー、うなぎなど

  • 皮膚や粘膜の発育を促すビタミンB群・・・豚肉、卵、大豆、乳製品、まぐろなど

  • コラーゲンの生成の不可欠なビタミンC・・・フルーツ、ブロッコリー、レンコン、法蓮草、白菜、紫キャベツなど

  • 血行を促進するビタミンE・・・アボカド、ナッツ類、ゴマ油、赤ピーマンなど

  • 肌の潤いを保持するセラミド・・・こんにゃく、ブロッコリーなど

  • 新陳代謝を活発にさせる亜鉛・・・ゴマ、牡蠣、牛肉など

まとめ


現代の女性は、男性以上にストレスを感じている方も少なくありません。


その反動で、おやつの食べ過ぎ、過食・拒食、ジャンクフード、お酒など食べ物でストレスを解消しようとしてしまう方も多くなっています。


でも、一時的にそれですっきりするかもしれませんが、それは長い目で見れば自分を自分で痛めつけていることと一緒なんです(lll ̄□ ̄)


肌は荒れ、吹き出物が出やすくなっていると言う方は、もうその間違った食事による弊害が早くも肌から表れてきてるってことなんです。


かつての私もそうでしたから。。。


でも食べ物が体に与える影響を学んでからは、摂取する食べ物について相当気を使うようになりました。


食べ物にこだわるということは、すなわち自分を大切にしているということと同義だと思うんです。


自分を大切にすることが、肌をきれいにすることにつながるんです。


ぜひ自分を大切にするために、今回ご紹介した食べ物を積極的に取り入れて、腸内環境の改善・新陳代謝の活発化・抗酸化に取り組み、体の中から肌をきれいにしていきましょう♪

広告