広告



彼氏がキスしたくなるぷるぷる唇にどうしたらなれるの?


Beautiful natural lips

素敵な彼氏が出来て毎日がハッピー。


そろそろ2人の仲をもう一歩進めたいなと思う今日この頃。


でも、ちょっと気になっているのが自分の唇がカサカサでキレイじゃないところ。


ぷるぷる唇じゃないからキス待ち顔にも自信がないし、キスした時に彼氏に幻滅されてしまうんじゃないかって不安・・・(/ω\)


そんな女性は、今回ご紹介する唇をぷるぷるにする方法にすぐにトライしてみて!


それではさっそく、唇をぷるぷるにするために、唇がカサついたりする原因からしっかり見ていきましょう♪

広告



唇がぷるぷるしないのは?


唇がぷるぷるしないのは、

  • リップ等に含まれる添加物、油分

  • 唇の乾燥

  • 体調の影響


などがあげられます。


1つずつ解説していきますね。

リップ等の添加物、油分


唇がカサつくとすぐにリップクリームを使う方も多いことでしょう。


でも、このリップの選び方も慎重に行わないと、さらに唇のカサつきをひどくしてしまうおそれがあるって知ってました?


その原因は、リップの添加物や油分にあるんです。


たとえば、唇につけた時に美しい発色をさせるための合成着色料


良い香りをさせるための香料


品質を変えないための酸化防止剤・防腐剤


これらは薄い唇につけることで異物として反応し、不要な刺激を与え、カサカサにしてしまいます(lll ̄□ ̄)


また唇への紫外線ダメージを防ぐためのUVカット成分を配合しているリップにも注意!


紫外線吸収作用を持つ成分も刺激を与えているおそれがあります。


さらに皮膜を作る油分のなかでも、ヒマシ油とミツロウは唇よりも皮膚の厚い肌でも荒れる人も多いので要注意です。


ただでさえ表面を覆う薄い油膜が剥がれ乾燥気味の唇に、これらの刺激を与える成分がダイレクトに触れることで、さらにカサカサが酷くなってしまうんです。


リップを塗る時の摩擦も唇には負担がかかってしまいます。


その上、唇の自力の修復力を衰えさせるので、過度な使用もおすすめしません。


リップは、一日5〜6回、タイミングを決めて塗りましょう。

乾燥


ついついやってしまいがちなのが、唇の乾燥を感じた時に口をなめてしまうしぐさですよね。


唇をなめて湿らせようとすると、唇の表面を覆う薄い油膜を剥がしてしまい、さらに乾燥が進んでしまうという悪循環になっちゃいます。



また口呼吸も乾燥の原因


吸気に含まれる水分が唇につき、蒸発する時に唇自身の水分も奪っていきます。


口呼吸は病気のもとでもあるので、鼻呼吸をするようにしましょう♪

体調の影響


忙しいからといって、食事に手を抜きがちな方も唇が荒れやすくなります。


レトルトやインスタント、ファストフードなどの食事ではビタミン不足になりがち。


とくに粘膜や皮膚の健康を守り維持する働きをするビタミンB2の不足は重大な影響を与えますよ。


唇の乾燥のほかに、にきびや口内炎、頭皮のフケなどにお悩みの方は、おそらくビタミンB2不足なので積極的にビタミンB2を含む食べ物を摂るようにしましょう。



具体的には、

 
  • レバー
  • うなぎの蒲焼き
  • マグロ
  • カツオ
  • 納豆
  • タマゴ

を食べましょう♪


また唇の色は血液の色


普段から貧血気味で鉄分が不足している方は、唇の色も悪くなりがちです。


積極的にひじきなどの鉄分を多く含む食べ物も食べるようにしてくださいね。

その他


ほかにも、

  • 唇の皮をむく

  • メイクを落とすときに唇をごしごしと洗う

  • 食事のあとにティッシュ等で唇をこする

なども唇の表面を覆う薄い油膜を剥がし、唇のカサカサを悪化させる原因となるので気をつけて!

広告


キスしたくなるぷるぷるの唇をゲット!


それでは、唇をぷるぷるにするための具体的な方法をご紹介していきますね。


ぷるぷる唇で彼氏からキスをゲットしちゃいましょう♪


唇をぷるぷるにするための洗顔


ウォータープルーフなどの口紅は通常のメイク落としでは落としきれません。


なので、まず唇専用のリムーバーを使用するのがおすすめ。


その後、洗顔剤をしっかり泡立て、唇の上を優しくなでるようにして洗うと、油分や添加物、古い角質を無理なく落とすことが出来ます。


資生堂の「パーフェクトリムーバー」はユーザーの評価も高いおすすめのリップリムーバーです。

唇をこすらなくてもするんと口紅やグロスをスムーズにオフできます。

アイメイクにも使えるので、コレ1つあればポイントメイクもしっかりオフ。

価格も1080円(税込)とコスパも最高!

160709-0002

唇をぷるぷるにするマッサージ


  • 血行を良くして回復力を高める

  • 口のまわりの筋肉をほぐす


これらのためにマッサージもぷるぷる唇を作る大事な方法の一つです。


方法はとっても簡単。


  • ワセリンやリップクリームを多めに唇に塗る。

  • 中指の腹部分で、唇の中心から外側にむけてくるくると小さな円を描きながらマッサージ。

だけで効果抜群です。

唇をぷるぷるにするオススメ体操


唇の血行を良くし、ツヤも取り戻せる唇体操も取り入れましょう。


ヴォイストレーングで利用されている唇をぶるぶるさせるリップロールもいいのですが、人によってはぶるぶるさせられないということもありますね。


リップロールについてはこちらの記事で詳しく紹介していますよ♪
>>>「メイクなしでも可愛くなる方法とは?たった4つのポイントで素肌美人になれる!」


そこで誰でも手軽にできる、溜息フー運動がオススメ。

唇をオーの形にし、そのまま息を吐くのを10回行うだけ。


簡単そうですが、やってみると意外と大変かも。


唇に力を入れるイメージで行いましょう。

唇をぷるぷるにする「くちびるパック」


集中ケアとしておすすめなのが、はちみつパックです。

  • まずはメイクオフ

  • 唇に「はちみつ:ワセリン=1:1」で混ぜたものを塗ります。

  • 唇をラップをした上から蒸しタオルで5分間パック。

  • 5分経ったら、優しく唇の上に残っているパックを拭き取り。

  • 最後にお手持ちのリップやワセリンを塗ります。


これだけでも十分プルプルになるのでぜひ試してみて!


ワセリンが無い場合はオリーブオイルでも代用できます。

寝る前のリップケアは?


睡眠中は新陳代謝がもっとも活発になる時間。


そのため、唇を清潔にした後は保湿効果の高いリップや唇専用の美容液を使ってカバーしておくと良いしょう。


オススメの唇専用美容液はエテュセの「薬用リップエッセンス」です。

髪連れエキスやアロエエキス、ホホバ油など保湿効果の高い6つの植物成分を配合。

縦ジワが目立つカサカサした唇にもしっかり潤いを与えてくれます。

また、軽くなめらかなで伸びの良い美容液なのでデリケートになっている唇にも無理なく塗ることができ、価格も高品質低価格でオススメ。

160709-0003


また、口を開けて寝てしまう人も要注意!


マスクをするなどして口が乾かないように気をつけてください。



ぷるぷるの唇になるためのオススメリップ


デリケートでダメージを受けやすい唇におすすめのリップとして、「キュレル リップケアクリーム 薬用タイプ」がおすすめです。


無香料・無着色・アルコールフリー、かつMade in Japanで安心。


さらにセラミドやホホバオイルを配合しているので唇なじみも良く、柔らかいスティックのためタッチも優しく、塗る際の刺激を極力抑えることができます。


また、価格も850円とコスパにも優れている点も見逃せませんね(^_-)-☆




塗り方にコツあり?

 
基本的なことですが、リップは横ではなく縦のラインで塗るのが鉄則


縦ジワに沿って上から下にこすらないように塗り込んでいきます。


また固形のスティックタイプをつかう場合は、リップの先を唇に5秒くらい押し当て温めてから使います。


そうすると、適度にリップが溶けて、抵抗なくスムーズに塗ることができます。


また、摩擦で唇の表面が傷ついてしまうので、塗った後に「ん〜っぱ」と上唇と下唇をこすり合わせないように!

まとめ


唇は、顔全体の中で小さいパーツですが、色や形、ツヤで大きく印象を左右する重要なパーツでもあります。


そんな唇がカサカサではあなたの魅力も半減してしまいますよ。


思わず彼氏が引き寄せられ、キスしたくなるようなぷるぷる唇を手に入れたいなら、ぜひ、すぐに今回ご紹介した唇のお手入れ方法を実践してみてくださいね。

広告