広告



最近仕事に対してやる気が出ない・・・


どうしたら仕事にやる気を出せるんだろう・・・


なんて悩んでませんか?




もちろん、私もそういった経験ありありです。


ちょっとメンタル入っちゃったかな、とかそこまでの状態ではないんだけど、仕事に対してどうしてもやる気が出ない・・・


そんな感じでやる気が出ないことがあるんですよ。


そういう時、どうすれば仕事に対してやる気が出るか?


いろんな方法があると思いますが、私自身が社会人生活十数年の中で培った経験とリサーチにより、今も私が活用しているやる気を出す方法をご紹介しましょう♪


マジで使えるとっておきの方法をご紹介しますよ^^


それでは早速、「今すぐ使える仕事にやる気を出す方法」を見ていきましょう!

広告



仕事のやる気を出す方法はこれ!


一口に「仕事に対してやる気を出す」って言っても、やる気が出てこない原因は様々です。

私に関してもやる気が出ない理由が常に同じってわけではありません。

そこで、やる気を出す方法を正しく考えるために、まずは原因から分析してみましょう♪

仕事のやる気が出ない原因は?


仕事に対してやる気が出ない原因をいくつか分析してみました。

  • 不安
  • 不満
  • 混乱
  • 慣れ


不安を抱えていると、仕事に向きあうことができません。


不満を抱えていると、仕事にやりがいが見出せません。


混乱を抱えていると、仕事へのやる気どころではありません。


仕事に慣れ過ぎてしまうと、仕事への興味が薄れていきます。


ざっとあげただけでもこんな感じです。


でも安心してください。ミα(゚Д゚ )



原因ごとにやる気を出す方法があるんですよ♪

仕事に不安がある時

不安

この仕事はうまくできるだろうか?

また失敗しちゃうんじゃないだろうか?

この状況はいつまで続くんだろうか?

この先がイメージできない!


と不安の中身は色々とあります。


仕事への不安やこの先のイメージが漠然として不安な場合は、今できることに集中しましょう。


今自分がコントロールできることとできないことを分けて、自分がコントロールできることに集中するんです。


今自分がコントロールできること(例えば、事前の準備)に対しては、集中してしっかり行います。


コントロールできないこと(例えば、仕事の結果)に対してはある意味、開き直るくらいの気持ちでいきましょう♪


また、今感じてる不安を紙に書き出すことも有効です。


  • 不安を徹底的に紙に書きだして不安の正体を突き止めます。

  • それから、どうしたら不安を解消できるかについても紙に書き出していきます。


考えるだけだと沈んでしまいがちな思考を紙に書き出すことで浮上させていくんです。


必要なものは、


  • ボールペン

  • A4のコピー用紙


これだけです。


実はこれが私がやる気を出す方法としてとっておきのものなんですね^^


紙に書き出すなんて簡単だし、みんな知ってる!


ですって?


いやいやでもこれにはふか〜い意味があるんです(・ω・´●)


後ほど紹介しますね♪

仕事に不満がある時




  • なんであいつだけ認められるんだ!

  • 自分ばかり損な役回りだ!

  • 何で自分がこの仕事やらなきゃならないの?


これはあなたにとって酷かもしれませんが、真理をお伝えします。


世の中は不条理です。


このことを肝に銘じるべし(>□<)


ただし、


捨てる神あれば拾う神あり


というところもあります。


だから、現状に一喜一憂せずに、ここでも自分にコントロールできることに集中しましょう。


他人があなたのライバルをどう評価するかなんて、あなたにはコントロールできませんよ。


そんなことに気持ちを奪われて仕事にやる気が出なくなるより、自分ができることに集中してやる気を出していきましょう♪

仕事が混乱している時

混乱

  • やることが多すぎる

  • 何から手をつけていいかわからない!

  • 次から次へときりがない

  • 仕事の全体像がつかめない


まずは仕事の全体像をつかむことが大事です。


こんな時こそ有効なのは、今の状況を紙に書き出して整理することです。

  • 今抱えている仕事をすべて書き出してみる。

  • それぞれの解決方法も書き出します。

  • 書き出されたA4の紙を眺めて優先順位を整理します。


こうすることで仕事の状況が整理できますし、合わせて気持ちも整理できます。

広告



仕事に慣れてきた時



  • 毎日代わり映えないんだよね・・・

  • 毎週のあの業務が面倒だよな・・・

仕事に慣れ過ぎてしまって毎日がルーティン化。


で、やる気が出ない(´・ω・`)


そんな場合はもちろん、上司に積極的に仕事にチャレンジしたいことを訴えてみるのは当然です。


でもどんな仕事が与えられるかは、なかなか自分でコントロールできることではありません。


せいぜいアピールするにとどまります。


そこで、オススメなのは、ルーティン化した業務をゲーム化する方法です。


昔、農作業が大多数の市民にとっての仕事だった時代。

田植えはある意味ルーティンでした。

みんなが生きるためと我慢してルーティンをこなしています。

でもそんな時代にも、いたんですね。

ルーティンを改革につなげていくような思考の持ち主が。


いかに田植えを早く終わらせるか、

いかに稲を早く刈りとるか、

いかに同じ土地の大きさで収穫量を増やすか、

なんてことを考える人物が。


あなたの日常のルーティン業務にも改革の芽が隠されています。


今自分がコントロールできるものに集中して、ルーティンをルーティンで終わらせることなくやる気を出していきましょう!

仕事のやる気を出す方法 紙に書き出すことの効果




仕事にやる気が出ない原因がどんなものであっても、共通して言える対策は、とにかく原因を紙に書き出すことです。


本当にシンプルな方法なんですが、これは実際に私も日々の生活に取り入れているとっておきの方法です。


用意するものは、ボールペンとA4用紙だけですからいたって簡単♪



あとは、ひたすらA4用紙に、仕事に対する「不安」「不満」「混乱」の中身を書き出していきましょう。


紙に書き出すだけで、思考がまとまります。


また、おそらく「書く」という単純な行為に、脳のやる気スイッチである「側坐核」を刺戟する効果があるんですね。


なので、ひたすら原因を書き出すことでいつの間にかやる気が出てきます。


人間の思考って何かに書き出さないと、ずっと堂々巡りですからね。


紙に書き出すことで、思考が目に見えて進んでいくことも効果として期待できますよ^^


自分がコントロールできることとできないことの整理をするにも役に立ちますしね。


簡単な方法なんですが、紙に書き出すことの効能って色んな書籍でも紹介されてるんでぜひ参考にしてくださいね♪








まとめ


いかがだったでしょうか?

ポイントは、

  • 自分がコントロールできることに集中する。

  • 不安や不満を紙に書き出して整理する。


この2つを行うことで俄然、仕事へのやる気が出てきます。


私も仕事だけでなく色んなことに行き詰まったら必ずこの2つを行ってます。


そうしてなんとかやる気を出してるんですね(;´∀`)


ホント誰でもできて時間もお金もかからない方法なんで、ぜひあなたも試してみてください。


その効果に驚きますよ♪


ただ、そうした気力すら出てこない場合は、きっちり心療内科を受診するのもありです!


この方法でメンタルの病気までは治せないと思いますので。


この記事で紹介した仕事のやる気が出る方法で、明日からやる気モリモリで仕事を頑張りましょう♪

広告